100辞書・辞典一括検索

JLogos

102

寄せ止め
【よせどめ】


同等・同仕様・同分類等の設備・ラインが複数存在する場合、中長期で各設備・ラインの負荷を予想し、稼動設備・ラインが一定以上の稼動率(80%以上)が確保できるよう、生産品を稼動設備・ラインに引当変更(「寄せる」)し、余った設備やラインを「止め」て、転用等でスペース等を含め有効活用すること。設備・ラインスペース・人の効率的な運用と結果の確認が可能となる。




日本実業出版社
「トヨタ語の事典」
JLogosID : 4383091