100辞書・辞典一括検索

JLogos

56

間雲孤鶴
【かんうんこかく】


【意味】束縛を受けず、ゆうゆうと自然に親しみ暮らす境遇。「間雲」は、静かに浮かんでいる雲。「閑雲」と同義。
【用例】間雲孤鶴の境涯を夢見て迎えた定年だったが、人の世の煩わしさは、いっこうに身辺からなくならない。老来ますます間雲孤鶴の志は深まるばかりです。
【出典】『全唐詩話』六、僧|貫休
【類語】閑雲野鶴




あすとろ出版
「四字熟語の辞典」
JLogosID : 5560208