100辞書・辞典一括検索

JLogos

72

キャッシュトラップ
【きゃっしゅとらっぷ】


ノンリコースローンでは、投資家や第三者に弁済を求めることができないリスクをカバーするために、銀行などのレンダーは、不動産からのキャッシュフローを優先的に確保する様々な仕組みをローン契約に組み込んでいる。DSCRはその代表的なもので、あらかじめ1.2倍とか1.5倍といった基準を決めておき、物件のキャッシュフローが細って分子(NOI)が小さくなったり、金利が上がって分母(年間元利返済額)が大きくなってDSCR基準値を下回ったりすると、投資家がもらえるはずの配当金が留保されるようになっている。このような仕組みをキャッシュトラップ(罠)と呼んでいる。




(c)2011 Mitsubishi UFJ Trust and Banking Corporation
日経BP社
「プロフェッショナル用語辞典 不動産ビジネス」
JLogosID : 8524048