ケータイ辞書JLogosロゴ 青森町(近代)


青森県>青森市

 明治22〜31年の東津軽郡の自治体名。大町・塩町・米町・浜町・新浜町・新町・寺町・柳町・博労町・莨町・蜆貝町・新蜆貝町・松森町・堤町・大工町・鍛冶町・安方町・新安方町・栄町と作道(造道)村字浪打・大野村字長島が合併して成立。19町と造道・大野の2大字を編成。町役場は安方町に置かれたが,明治25年新浜町に移転,同29年の大火で焼失したため米町に移った。明治22年の反別は,田93町余・畑30町余・宅地100町余・池沼3町余・山林12町余・原野2町余・雑種地30町余(青森市史)。同24年の戸数3,325・人口1万9,177,厩9(馬数450),学校5,水車3,船245(徴発物件一覧)。同年に日本鉄道(現国鉄東北本線)が開通し,安方町に青森駅が設置されると,同町には北海道方面へ移出すめ米を取り扱う米商人が集中し,また駅からの荷を運ぶため運送業が発達した。同27年には奥羽北線が開通。浜町は北海道への連絡線の発着が同町の桟橋を利用していたため乗降客でにぎわい,同町から大町をへて安方町までが当町の中心街となった。こうした中で,明治26年に青森商工会議所,同27年に青森米穀取引所および青森銀行・青森商業銀行,同29年に青森貯蓄銀行,同30年青森電灯会社などが次々に設立され,このほか第五十九銀行青森支店も町内に置かれて,当町は経済の中心地として発展した。同年浦町村および滝内村古川を合併,浦町・古川の2大字を継承し,当町は19町4大字を編成した。同31年市制施行。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7250022
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ