ケータイ辞書JLogosロゴ 浅井村(近世)


青森県>五所川原市

 江戸期〜明治22年の村名。津軽郡田舎庄のうち。弘前藩領。当村は,宝永元年御蔵派によって梵珠山地西端にいくつかの溜池を築造し,排水用の阿部堰を開削して開拓された俵元新田8か村のうちの1村。はじめ安田村と称したが,享保11年に浅井村と改称(村名改称并新村創立調)。同12年の村位は下,免合は四ツ成とある(平山日記)。村高は,天文2年検地帳471石余(田409石余・畑屋敷61石余),「天保郷帳」471石余(うち弘前本では天明8年改出新田251石余・寛政10年改出新田117石余・文化9年改出新田103石),「旧高旧領」478石余。元文2年の検地帳によれば,小字に「種取・西広・色吉」があり,反別は田65町5反余・畑屋敷21町7反余,このほか空地1か所,沼1か所,柳立林1か所,稲荷社地(除地)などが見える。神社は,地内色吉に元文元年の創立という稲荷神社がある。なお,同社はのち明治6〜8年の間,前田野目村松倉神社に合祀されている。明治4年弘前県を経て,青森県に所属。同11年北津軽郡に属す。明治2年の戸数44・人口258,馬28(長橋村誌)。同3年知藩事津軽承昭が10町歩以上の耕地所有者に耕地献田買上を諭し,これをもとに翌4年には士族の帰農在宅が行われたが,同年の飯詰組俵元新田村々士卒水帳によれば,当村に帰農を割り当てられた在宅士族は俵子80俵2人,40俵1人,35俵2人であった(同前)。明治初年の戸数55,村況は「四方水田囲り,畑僅にあり,土地は中の中……南は緑田曠衍他村の往来なし」という(国誌)。明治10年頃の村の幅員は東西8町半・南北1里,税地は田80町3反余・畑14町5反余・宅地6町8反余・林6反余で計102町3反余,戸数58・人口300(男164・女136),馬35,神社1,物産は米・雑穀(長橋村誌)。同12年の「共武政表」によれば,戸数56・人口292(男161・女131),馬30,物産は米・大豆。同22年長橋村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7250046
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ