ケータイ辞書JLogosロゴ 芦部村(近世)


青森県>金木町

江戸期〜明治9年の村名津軽郡田舎庄のうち芦辺村とも書く(旧高旧領)津軽平野北部,岩木川中流右岸の金木【かなぎ】台地末端に位置し,藤枝溜池の西側堤防下の低湿地にあたる弘前藩領享保12年には金木新田18か村のうちの1村として見え,村位は下,免合は五ツ成とある(平山日記)なお,金木新田のうち11か村は,元禄11年に深郷田【ふこうだ】新田として藩によって開発に着手されており(同前),当村の成立もこの頃と思われるちなみに,東方の藤枝(妻の神)溜池の完成も元禄14年であるまた,当村の草分けは原田久助と伝えられている(金木郷土誌)村高は,元文元年検地帳159石余(同前),「天保郷帳」「旧高旧領」ともに146石余元文元年の検地帳によれば,反別は田30町3反余・畑1町9反余・屋敷2反余,また空地21か所・8町4反余,溜池1か所・99町8反余があり,このほか惣染堂の畑地1反余が除地となっている(同前)地内には,宝永年間の勧請という惣染堂があり,のち明治6年保食神社となるなお,同社は明治6〜8年の間は八幡村稲荷社に合祀されている(同前)当村への復社に際しては,氏子が芦部・藤枝両村にまたがっていたため,両村総代の連名で願書が提出された明治4年弘前県を経て,青森県に所属明治2年の戸数15・人口87(同前)同3年知藩事津軽承昭が10町歩以上の耕地所有者に耕地献田買上を諭し,これをもとに翌4年には士族の帰農在宅が行われたが,同4年の金木組村々士卒帳によれば,当村に帰農を割り当てられた在宅士族は俵子30俵1人,20俵1人であった(同前)明治初年の戸数25,村況は「村居平坦,田多畑少,土地極て悪し」という(国誌)同9年藤枝村の一部となる
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7250068
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ