ケータイ辞書JLogosロゴ 飛鳥村(近世)


青森県>青森市

 江戸期〜明治22年の村名。津軽郡田舎庄のうち。弘前藩領。村高は,「正保高帳」428石余,「寛文高辻帳」302石余,「貞享4年検地水帳」581石余(田565石余・畑11石余・屋敷地5石余),「寛保高辻帳」302石余,「天保郷帳」567石余(うち弘前本では寛政7年改出新田173石・文化5年改出新田92石余),「旧高旧領」671石余。当村は浜通(松前街道)沿いに位置し,いわゆる外ケ浜上磯通にふくまれる。「貞享4年検地水帳」によれば,小字に「岸田・福浦・塩越・山田」があり,反別は田74町8反余・畑屋敷9町9反余(うち屋敷地6反余),このほかに開発可能地(田畑)6町2反余,漆木1本,草野4か所・6町3反余,浜地4町4反余,空地9町2反余,永荒地(田畑)3町1反余,権現堂地2か所が見える。また,田は上田から下々田まで,畑は下畑と下々畑が設定されている。元禄3年には油川組に属し,村位は下(平山日記)。宝暦9年改の御郡中郷村位付帳(弘前図書館蔵)でも村位は下とある。当村は水田耕作・沿岸漁業を主とする村である。享和2年の伊能忠敬「測量日記」によれば,家数29軒で,「海へ二丁,左田地十丁余」とある。また,南接する夏井田村を「飛鳥村寄郷」としている。嘉永3年の松浦武四郎「東奥沿海日誌」では,「農漁入交り」とある。神社は,地内岸田に羽黒権現を祀る羽黒宮がある。開創年月は不詳,寛永7年再建という(安政2年神社書上帳・青森市史)。神仏混淆神社調帳(八木橋文庫蔵)によれば,のち明治初年の神仏分離に際して羽黒神社に改めたという。旧村社。このほかに権現堂があったが,江戸後期までに廃堂となっている(安政2年神社書上帳)。明治4年弘前県を経て,青森県に所属。同11年東津軽郡に属す。明治9年頃に夏井田村・八重館村を合併。同10年当村に田沢小学が開校,同12年の生徒数男36・女3,教員1(明治12年公学校表)。同年の「共武政表」によれば,戸数57・人口439(男217・女222),馬71,学校1,物産は米。同22年奥内村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7250073
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ