ケータイ辞書JLogosロゴ 荒川村(近世)


青森県>青森市

 江戸期〜明治22年の村名。津軽郡田舎庄のうち。弘前藩領。はじめ当村の枝村として八ツ役【やつやく】村があったが,貞享4年の検地の際に分立したという(荒川村誌)。村高は,「正保高帳」251石余,「寛文高辻帳」351石余,「貞享4年検地水帳」1,503石余(田1,429石余・畑屋敷74石余),「寛保高辻帳」351石余,「天保郷帳」1,442石余(うち弘前本では寛政5年改出新田713石余・享和3年改出新田254石余・文化5年改出新田110石余),「旧高旧領」1,549石余。貞享元年の家数58,ほかに枝村八ツ役村の家数28があった(荒川村誌)。「貞享4年検地水帳」によれば,小字に「品川・星田・栄森・池上・芦屋・柴田・玉水・唐松・成瀬・やはぎ(矢作)・藤戸・松尾・筒井・上林・藤枝」があり,反別は田143町5反余・畑屋敷14町4反余(うち郷蔵屋敷もふくめ屋敷地2町4反余),このほかに見取場(畑)2反余,開発可能地(田畑)2町3反余,漆木362本,沼1か所・1畝余,河原地9か所・3町4反余,空地5畝余,永荒地(田畑)5反余,宗全寺屋敷地3反余,稲荷社地,観音堂地が見える。また,田は上田から下々田まで,畑は上畑から下々畑まで設定されていた。元禄3年には浦町組に属し,村位は上(平山日記)。宝暦9年改の御郡中郷村位付帳(弘前図書館蔵)でも村位は上とある。当村は水田耕作を主とする村である。享保18年には荒川山のうち27山が留山に指定された(日本林制史資料)。神社は,地内品川に慶安4年建立という稲荷宮がある(享和3年寺社領分限帳・安政2年神社書上帳)。ほかに,「安政2年神社書上帳」によれば,白旗八幡宮が当村にあるとされ,同社は坂上田村麻呂の創立で,寛永年間まで当村にあり,一時他村へ移されるが,貞享年間に再び当村へ遷座したという。荒川・八ツ役・上野【うわの】・金浜4か村の鎮守である(安政2年神社書上帳)。なお,同八幡宮は享保15年に荒川村中で金浜村に再建しており,実際は金浜村にあった(青森市史)。さらに,当村筒井屋岸に貞享2年創立の惣染堂(観音堂)があったが(同前),廃絶の経緯は不祥。寺院は,慶長年間の開創で,寛文9年に弘前長勝寺の15世善巌積が再興したという曹洞宗荒川山宗全寺が地内筒井にある(曹洞諸寺院縁起志・青森市史)。同寺については,菅江真澄が「津軽の奥」の中で,「荒河山宗全寺に,梢あらはにとしふる柳一本たてるを見つゝたゝずめば,あるじの憎さしのぞきて,きさらぎ,やよひは,すがた風情もことなり,其頃かならずとぶらひこと云ふ」と書き記している。明治4年弘前県を経て,青森県に所属。同11年東津軽郡に属す。明治初年の戸数112,村況は「東西に連り,南に川を帯ひ,北に田畑あり,農の他産なし」という(国誌)。明治7年白取小学が宗全寺本堂を仮校舎として開校,開校時の生徒数男40,教員1(県教育史)。同19年荒川尋常小学校と改称。明治12年の「共武政表」によれば,戸数117・人口817(男439・女378),馬162,学校1,寺院1,物産は米・縄・薪。同22年荒川村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7250097
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ