ケータイ辞書JLogosロゴ 荒川村(近代)


青森県>青森市

 明治22年〜昭和30年の東津軽郡の自治体名。荒川・八ツ役・上野・野木・大別内・金浜の6か村が合併して成立。旧村名を継承した6大字を編成。役場を荒川字柴田に置く。明治24年の戸数330・人口2,259,廐148,学校2,水車1(徴発物件一覧)。明治7年に開校の荒川小学,同9年に開校の金浜小学がある。明治24年に青森監獄が青森町寺町から上野に移転開設された。大正11年に青森刑務所と改称し,昭和4年に荒川字藤戸に再移転する。当村域は荒川の北岸と南岸にひろがり,南方の山地はもちろん,遠く八甲田山南麓の酢ケ湯温泉(昭和28年に酸ケ湯と改称)までが管内であった。しかし,主産業は依然として稲作とその関連産物であり,昭和2年には米1万石,藁工品3万8,500円代を産出した(県総覧)。大正元年の戸数500・人口3,305,以後の世帯数・人口は,同9年525・3,418(うち職業別人口は農業2,302,水産業27,鉱業1,工業99,商業67,交通業35,公務・自由業348,その他の有業155・無職業384),昭和元年543・3,542,同10年558・3,752,同22年789・4,830,同29年860・5,513。昭和22年荒川中学校が開校。同30年青森市の一部となり,村制時の6大字は同市の大字に継承。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7250098
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ