ケータイ辞書JLogosロゴ あんと(中世)


青森県>むつ市

 鎌倉期に見える地名。糠部【ぬかのぶ】郡宇曽利郷のうち。正中2年9月11日の安藤宗季譲状に「たゝしうそりのかうのうち,たや・たなふ・あんとのうらをハ,によしとらこせん,いちこゆつりしやうをあたふるところなり」と見え,安藤(安東)宗季は宇曽利郷などの地頭代職を子息犬法師に譲渡したが,宇曽利郷のうち当地などは女子とら御前に一期分として譲渡した(新渡戸文書/岩手県中世文書上)。なお,当地は康正年間の蠣崎の乱の頃は安海と称したという(東北太平期/みちのく双書3)。康正3年下北図には「安渡」と見え,当地付近に「目代所」と記されている(同前)。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7250116
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ