ケータイ辞書JLogosロゴ 石岡村(近世)


青森県>五所川原市

 江戸期〜明治22年の村名。津軽郡田舎庄のうち。弘前藩領。唐笠柳村に続く開発で成立したといわれ,唐笠柳村の開発着手が慶安2年なのでそれ以後と考えられる(平山日記)。村高は,「貞享郷村帳」では寛文4年以降の新田として見え220石余,「貞享4年検地水帳」93石余(田84石余・畑屋敷8石余),「天保郷帳」弘前本では104石余(うち天明8年改出新田83石・文化9年改出新田21石余),「旧高旧領」107石余。はじめ下之切遣に属していたが,天和元年新たに五所川原遣の成立とともに五所川原遣に移った(五所川原町誌)。「貞享4年検地水帳」によれば,小字に「藤まき・むらさき・みな瀬」があり,反別は田8町5反余・畑屋敷2町4反余。また,同4年当村に在宅して手作をしていた小知行の者に,家具奉行毛内嘉左衛門・郷警固葛西七兵衛の名が見える(平山日記)。元禄3年には広田組に属し,村位は中,家数は吹畑村とあわせて18軒,うち庄屋1・百姓11・水呑6(同前)。明治4年弘前県を経て,青森県に所属。同11年北津軽郡に属す。明治初年の戸数21(国誌)。同9年二本柳村を合併。同22年松島村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7250133
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ