ケータイ辞書JLogosロゴ 泉野村(近世)


青森県>青森市

 江戸期〜明治22年の村名。津軽郡田舎庄のうち。弘前藩3代藩主津軽信義に仕えた鹿内瀬兵衛の子権右衛門が原別村に居住し,江戸前期に滝沢川(野内川)の水を引いて空地数十町を開墾し,原別村から分村して当村が成立したという(津軽興業誌)。天保8年の郷村帳(弘前図書館蔵)にも,「泉野村,原別村より仕分」と記される。弘前藩領。村高は,「貞享郷村帳」では寛文4年以降の新田と見え302石余,「貞享4年検地水帳」を欠くが,「寛保高辻帳」302石余,宝暦5年改津軽郡平賀庄鼻和庄田舎庄村々高反別(弘前図書館蔵)108石余(田86石余・畑屋敷22石余),「天保郷長」102石余,「旧高旧領」123石余。元禄3年には横内組に属し,村位は中(平山日記)。宝暦9年改の御郡中郷村位付帳(弘前図書館蔵)でも村位は中とある。宝暦5年改津軽郡平賀庄鼻和庄田舎庄村々高反別によれば,反別は田9町1反余・畑屋敷4町9反余。当村は稲作・畑作を主とする村である。明治4年弘前県経て,青森県に所属。同11年東津軽郡に属す。明治初年の戸数6,村況は「四方田圃なり」という(国誌)。同22年原別村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7250175
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ