ケータイ辞書JLogosロゴ 壱野坪村(近世)


青森県>五所川原市

 江戸期〜明治22年の村名。津軽郡田舎庄のうち。弘前藩領。村高は,「寛文高辻帳」1,404石,「貞享4年検地水帳」985石余(田970石余・畑屋敷15石余),「寛保高辻帳」1,404石,「天保郷帳」1,024石,「旧高旧領」では一野坪村と見え978石余。はじめ下之切遺に属していたが,天和元年新たに五所川原遺の成立とともに五所川原遺に移った(五所川原町誌)。「貞享4年検地水帳」によれば,小字に「麻之葉・馬つなき・あさひ田・さわらび」があり,反別は田99町2反余・畑屋敷3町1反余,このほかに開発可能地(田畑),永荒田,漆木3本,稲荷社地(除地),八幡社地(除地)が見える。元禄3年には飯詰組に属し,村位は中,家数は石畑村をふくめて40軒(石畑村10軒),うち庄屋1・百姓35・水呑4(平山日記)。同7年の諸職諸家業覚では,酒屋1・室師(麹師)1が見える(同前)。享保11年当村から独鼻【ひとりはな】村が分村。神社は,八幡宮がある。明治4年弘前県を経て,青森県に所属。同11年北津軽郡に属す。明治初年の戸数88,うち支村中16・前萢12(国誌)。明治9年独鼻村・石畑村を合併。「明治12年公学校表」によれば,同10年一野坪小学が開校,同12年生徒数30(男のみ)。同22年松島村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7250199
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ