ケータイ辞書JLogosロゴ 岩渡村(近世)


青森県>青森市

 江戸期〜明治22年の村名。津軽郡田舎庄のうち。弘前藩領。村高は,「貞亨郷村帳」191石余,「貞亨4年検地水帳」は欠くが,「寛保高辻帳」111石余,宝暦5年改の津軽郡平賀庄鼻和庄田舎庄村々高反別(弘前図書館蔵)では49石余(田38石余,畑屋敷10石余),「天保郷帳」111石余,「旧高旧領」120石余。元禄3年には油川組に属し,村位は下(平山日記)。また,宝暦9年改の御郡中郷村位付帳(弘前図書館蔵)でも村位は下とある。宝暦5年改の津軽郡平賀庄鼻和庄田舎庄村々高反別によれば,反別は田6町9反余・畑屋敷5町5反余。当村は水田耕作を主とする山村である。神社は,地内熊沢に正徳2年勧請という観音堂がある(亨和3年寺社領分限帳・安政2年神社書上帳)。なお,神仏混淆神社調帳(八木橋文庫蔵)によれば,のち明治初年の神仏分離に際して神明宮と改められたという。明治4年弘前県を経て,青森県に所属。同11年東津軽郡に属す。明治初年の戸数15,うち支村二股3,村況は「山中に住し,田多く畑少し」といい,土地は下で農業を専業とするとある(国誌)。支村二股は当村より南方に位置し,さらに南方山間に東西38間・南北40間の大溜池がある(同前)。明治12年の「共武政表」によれば,戸数14・人口116(男54・女62),馬36,物産は米・稗・蕎麦。同22年滝内村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7250258
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ