ケータイ辞書JLogosロゴ 後潟村(近世)


青森県>青森市

 江戸期〜明治22年の村名。津軽郡田舎庄のうち。弘前藩領。村高は,「正保高帳」204石余,「寛文高辻帳」638石余,「貞享4年検地水帳」704石余(田666石余・畑18石余・屋敷地19石余),「寛保高辻帳」638石余,「天保郷帳」691石余(うち弘前本では文化5年改出新田53石余),「旧高旧領」777石余。当村は浜通(松前街道)沿いに位置し,いわゆる外ケ浜上磯通にふくまれる。「貞享4年検地水帳」によれば,小字に「平野・大原・野沢」があり,反別は田94町1反余・畑屋敷12町9反余(うち屋敷地2町4反余),このほかに開発可能地(田畑)4町余,池床2畝余,漆木397本,檜山1か所,草山7反余,河原地7か所・2町3反余,浜地3か所・1町9反余,空地5町余・永荒地(田畑)2町7反余,御休所屋敷地4畝余,熊野堂地2反余,山神社地,金神社地が見える。また,田は上田から下々田まで,畑は中畑から下々畑まで設定されている。御休所は藩主が廻郷する際の休憩所である。元禄3年には後潟組に属し,村位は中(平山日記)。宝暦9年改の御郡中郷村位付帳(弘前図書館蔵)でも村位は中とある。当村は稲作生産を主とする村で,畑作・漁業・林産業も盛んであった。西方の梵珠山地には檜(ヒバ)の大森林が広がり,弘前藩は寛文年間から山奉行・山廻衆を当村に置いて,上磯一帯の森林を管理させた(御定書)。享和2年の伊能忠敬「測量日記」によれば,家数71軒とある。神社は,池内平野に熊野宮がある。同社は天和3年の再建というが,大永5年の棟札があったというので,創立年月はその頃までさかのぼるものと思われる。また,末社に山神宮・惣染堂があったが,江戸期のうちに廃社となり熊野宮に合祀された(安政2年神社書上帳)。同社はのち明治6年後潟神社と改称する(青森市史)。旧郷社。寺院は,集落南部の地内平野に油川村浄満寺末庵の浄土宗量喜庵がある。元文2年の開庵という(国誌)。のち昭和になって無量寺と改称する(青森市史)。明治4年弘前県を経て,青森県に所属。同11年東津軽郡に属す。明治初年の戸数111,村況は「南は大橋村に続き,北は四戸橋村に連り,長十一丁……田多畑少し,商売あり小店を開く」という(国誌)。また,当村の古跡として大橋村跡が見えるが(同前),大橋村は六枚橋村に吸収されたと思われる。明治10年後潟小学が開校,同12年の生徒数男41,教員1(明治12年公学校表)。同年の「共武政表」によれば,戸数110・人口696(男355・女341),馬120,学校1,物産は米・檜。同22年後潟村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7250279
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ