ケータイ辞書JLogosロゴ 後潟村(近代)


青森県>青森市

 明治22年〜昭和31年の東津軽郡の自治体名。左堰・小橋・六枚橋・後潟・四戸橋の5か村が合併して成立。旧村名を継承した5大字を編成。役場を六枚橋字磯打に置く。明治24年の戸数399・人口2,830,厩200,学校2,船60(徴発物件一覧)。後潟・小橋両尋常小学校があったが,小橋尋常高等小学校は昭和3年後潟尋常高等小学校に合併した。明治19年開設の後潟小林区署は,同25年に内真部【うちまつべ】小林区署(のちの営林署)に併合された。明治40年代には青森大林区署(のち営林局)の津軽森林鉄道(東津軽郡滝内村沖館〜北津軽郡喜良市村)が各大字の山際を通って開通し,住民も便乗を許された(昭和42年に廃止)。農業・漁業を主としていた職業も,明治末期からようやく分化し,大正7年には戸数530のうち,農業356・漁業17・工業22・商業31・官公吏12・労働者80・その他12。出嫁者も251人を数えた。米・蕎麦・大豆・小豆・蔬菜・果実・イワシ・タラ・カレイ・ナマコ・縄・柾などがおもな産物(上磯案内)。昭和2年では米8,800石・33万円代,イワシを主とした魚介類1万9,000円代,ほかに藁工品・林産物,出嫁人の賃金なども合計して総生産高は45万円であった(県総覧)。県道青森三厩線(旧松前街道,のちの国道280号)に馬車・自動車の定期路線が設けられ,青森市に至る汽船・発動機船の定期航路も設定されて,交通の主力となる(同前)。昭和20年代以降,沿岸漁業は急速に衰退し,帆立貝の養殖事業が普及した。大正元年の戸数551・人口3,784,以後の世帯数・人口は,大正10年513・3,807,昭和元年548・3,315,同10年603・3,905,同22年744・4,372,同29年772・4,767。昭和22年後潟中学校が開校。同31年青森市の一部となり,村制時の5大字は同市の大字に継承。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7250280
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ