ケータイ辞書JLogosロゴ 後萢村(近世)


青森県>青森市

 江戸期〜明治22年の村名。津軽郡田舎庄のうち。はじめ館村とも称したと思われ,天保8年の郷村帳(弘前図書館蔵)に「後萢村,館村事」と見える。館村は中世の館に由来するとされるが,当村城に館跡はなく,館跡は西接する桑原村と戸崎村の境目に残るという(青森県の中世城館)。古くは3か村が同一村であったとも考えられる。弘前藩領。村高は,「寛文高辻帳」401石余,「貞享4年検地水帳」178石余(田144石余・畑屋敷33石余),「寛文高辻帳」401石余,「天保郷帳」201石余,「旧高旧領」205石余。「貞享4年検地水帳」によれば,小字に「前橋・久堅・外山」があり,反別は田16町3反余・畑屋敷8町余,田は上田から下々田まで,畑は上畑から下々畑まで設定されていた。このほかに漆木71本,草山1か所,河原地2か所・6畝余,空地2畝余,永荒地(田畑)1町1反余が見える。元禄3年には横内組に属し,村位は下(平山日記)。宝暦9年改の御郡中郷村位付帳(弘前図書館蔵)でも村位は下とある。当村の用排水は,寛文元年〜延宝2年に開削された用水堰を利用する。稲作・畑作を主とする村である。当村の産土紙は,諏訪沢村の諏訪宮であった(安政2年神社書上帳)。明治4年弘前県を経て,青森県に所属。同11年東津軽郡に属す。明治初年の戸数20,村状は「山に倚,田多く畑は少し,土地瘠て悪」という(国誌)。明治12年の「共武政表」によれば,戸数21・人口156(男81・女75)馬25,物産は米。同22年原別村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7250285
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ