ケータイ辞書JLogosロゴ 内真辺村(近世)


青森県>青森市

 江戸期〜明治22年の村名。津軽郡田舎庄のうち。弘前藩領。村高は,「正保高帳」295石余,「寛文高辻帳」519石余,「貞享4年検地水帳」496石余(田472石余・畑屋敷24石余),「寛保高辻帳」519石余,「天保郷帳」399石余,「旧高旧領」では内真部村と見え526石余。当村は浜通(松前街道)沿いに位置し,いわゆる外ケ浜上磯通にふくまれる。「貞享4年検地水帳」によれば,小字に「岸田・平岡・山下」があり,反別は田51町4反余・畑屋敷5町3反余(うち郷蔵屋敷をふくめ屋敷地8反余),このほかに,見取場(田畑)4町8反余,開発可能地(田畑)2反余,草山1か所,河原地4か所・6反余,浜地1町2反余,空地1反余,永荒地(田畑)8反余,檜と雑木の留山1か所,不動堂地が見える。また,田は上だから下々田まで,畑は中畑から下々田まで設定されている。元禄3年には後潟組に属し,村位は中(平山日記)。宝暦9年改の御郡中郷村位付く帳(弘前図書館蔵)でも村位は中とある。当村は水田耕作・沿岸漁業を主とする村である。また,林業も盛んであったと思われる。西部の山間にはヒバの大森林が広がり,弘前藩では寛文初年に内真辺山奉行を任命している(御定書)。のち山奉行は廃されるが,当村の留山は幕末まで続いた。享和2年の伊能忠敬「測量日記」では内真部【うちまつぶ】と見え,家数18軒と記される。神社は,末社に山神宮をもつ不動尊堂があった(安政2年神社書上帳)。のち明治初年の神仏分離に際して大山祗神社となる(青森市史)。旧郷社。なお,同社は明治初年の一時期,小橋村の稲荷神社に合祀される(国誌)。明治4年弘前県を経て,青森県に所属。同11年東津軽郡に属す。明治初年の戸数45,村況は「土地中等,畑少し,小店あり」という(同前)。また,内真部川について「此の川を遡て喜良市村に達す可し,牛馬通せす,壮男は四斗の米醤を負担して従来する処なれは,山徯と云とも絶た嶮難なるに非す,僅に穿孔せは五大区(北津軽郡)村々に来往するに甚利便を得へし」とある(同前)。明治10年に内真部小学が開校,同12年の生徒数男21,教員1(明治12年公学校表)。のち同20年小橋小学校に併合される(県教育史)。明治12年の「共武政表」によれば,戸数37・人口229(男122・女107),馬25,学校1,物産は米・鱈・鯖・檜。同22年奥内村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7250296
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ