ケータイ辞書JLogosロゴ 姥萢村(近世)


青森県>五所川原市

 江戸期〜明治22年の村名。津軽郡田舎庄のうち。弘前藩領。「平山日記」によれば,寛永年間に広田村が開発されたのち,「姥萢村派之節十川無之永岡村と申候……其後天和之頃,十川穿替相成,新十川橋姥萢江懸り候而,右巳来猫淵村三ツ屋村派立申候,是皆永岡村領ニ而今姥萢と改る」とあり,当村の成立は比較的早く,はじめ永岡村と称していたことがわかる。永岡村,姥萢村と2か村として把握されることもあったが,のち姥萢村1村となり,貞享4年以降は姥萢村とのみ称し,永岡村(猫淵・三ツ屋)は貞享4年までに当村に吸収されたものと思われる。村高は,「寛文高辻帳」ではすでに姥萢村と見え204石余,「貞享4年検地水帳」694石余(田579石余・畑屋敷115石余),「寛保高辻帳」204石余,「天保郷帳」753石余(うち弘前本では寛政7年改出新田213石・享和2年改出新田154石・文化5年改出新田182石),「旧高旧領」962石余。当村ははじめ下之切遣に管轄が移った。「貞享4年検地水帳」によれば,小字に「飛石・萩田・なるみ・あさま・はきなかれ・船橋・桜木・あやめ」があり,反別は田68町6反別余・畑屋敷27町2反余,また,このほかに郷蔵屋敷,見取場(畑),開発可能地(田畑),漆木701本,留林(鷹待場)3か所,沼,永荒田,稲荷社地(除地)がある。同4年当村に在宅して手作りをしていた小知行の者として,郷警固沢野次郎右衛門・郷足軽源四郎・同七左衛門・同長右衛門・同理右衛門の名が見える(平山日記)。元禄3年には広田組に属し,村位は下,家数43,うち庄屋1・百姓28・水呑14(同前)。同7年の諸職諸家業覚では,居鯖1・室師(麹師)1が見える(同前)。享保16年の田畑改によると,当村では元禄・享保年間に7町7反余の新田畑が開発されており,同20年には姥萢・湊・半田の3か村で漆木改を行ったところ,漆木・中漆・柴漆をあわせて2万本余があったという。また,安永4年五所川原村原庄兵衛が当村から藻川村までの岩木川堤防に漆木などの植林指導を自費で行っている(同前)。同8年の洪水により十川橋が流失,寛政8年に十川橋が架けられるまで仮橋で,出水時には取り壊し,筏・船で渡った。天明3年の飢饉に際し,徒党を組んで商家を失う者があり,襲撃を恐れた商家などは窮民救済を行い,その折湊・半田・姥萢の3か村は湊村平山家の手当を受けている。寛政12年には,御役家業として染屋1が見える(同前)。用水は五所川原堰・広田堰を利用した(津軽平野開拓史)。神社は,地内船橋に明暦年間の創立という稲荷宮がある(安政2年神社書上帳)。旧村社。明治4年弘前県をへて,青森県に所属。同11年北津軽郡に属す。明治初年の戸数111,うち支村広田姥萢8・猫淵19・三ツ屋15(国誌)。「明治12年公学校表」によれば,明治11年に姥萢小学が開校,同12年の生徒数51(男47・女4)。同22年栄村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7250304
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ