ケータイ辞書JLogosロゴ 扇田村(近世)


青森県>五戸町

 江戸期〜明治22年の村名。三戸郡のうち。盛岡藩領。五戸通に属す。慶応3年の「五戸通代官所惣高書上帳」(五戸町誌)によれば,給人は下田将監・永福寺のほか5人であった。村高は,「邦内郷村志」434石余(うち給地172石余),「天保8年御蔵給所書上帳」310石余(御蔵高138石余・給所高172石余),「旧高旧領」310石余。なお「正保郷帳」「貞享高辻帳」「天保郷帳」「安政高辻帳」には当村の名が見えず,「仮名付帳」には浅水村の枝郷として記される。「邦内郷村志」では家数87,本村を除く集落別内訳は野沢27・寺沢2・岩脇1,馬数148,ほかに野沢村123石余は当村に所属するとある。「本枝村付並位付」によれば,位付は上の下,家数43,集落別内訳は本村42・寺沢1。石盛は上田1石2斗・下々田6斗,上稗田7斗・下々稗田4斗,上畑9斗・下々畑3斗(郷土史叢)。明治元年弘前藩取締,以後黒羽藩取締,九戸県,八戸県,三戸県,斗南【となみ】藩,斗南県,弘前県を経て,同4年青森県に所属。明治初年の戸数は本村38・寺沢2(国誌)。同9年頃野沢村を合併した。同12年の「共武政表」によれば,本村の戸数39・人口230(男116・女114),学校1,牛9,馬82,野沢の戸数23・人口155(男98・女57),馬34,物産はともに米・麦・雑穀・麻糸・鳥類。同17年当村ほか3か村の戸長役場がおかれた。安政2年から明治3年まで読書・習字・算術を教授した寺子屋が所在し,寺子は男30・女2。同9年扇田小学が創立し,生徒数は男22。同18年浅水より五戸へ至る旧街道は廃止され,浅水より当村を経て五戸に至る国道6号が開通した。同年当村より八戸を経て鮫へ通ずる県道も開通。同22年浅田村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7250344
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ