ケータイ辞書JLogosロゴ 奥内村(近世)


青森県>むつ市

 江戸期〜明治22年の村名。北郡のうち。盛岡藩領。田名部通に属す。村高は,「正保郷村帳」121石余(田106石余・畑14石余),「貞享高辻帳」151石余,「邦内郷村志」296石余(うち畑46石余),「天保郷帳」288石余,「安政高辻帳」231石余,「旧高旧領」288石余。「邦内郷村志」では,家数69,集落別内訳は浜奥内8〜9・山奥内51・二又8・赤川1,人数439,馬47,牛320。「本枝村付付並位付」によれば,位付は下の中,家数46,集落別内訳は本村32・浜奥内9・二又5。嘉永3年の「東奥沿海日誌」には,「人家二十軒。小商人二,三軒。此浜惣て馬を飼事なくして皆牛を飼へり」とある。明治元年弘前藩取締,以後黒羽藩取締,九戸県,八戸県,三戸県,斗南【となみ】藩,斗南県,弘前県を経て,同4年青森県に所属。明治初年の戸数57,村況は「土地下田畑相半し,東は山,西に北郡湾に臨み風気荒く曠原多し,山にひの木多し依て材木を山し,海に漁猟すれとも食糧尚足らす,北海に出傭す」とある(国誌)。同11年下北郡に属す。同12年の「共武政表」によれば,戸数42・人口310(男162・女148),牛410,学校1,物産は稗・粟・大豆・蕎麦・煎海鼠・檜材・杉材・松材・薪。同年寺院の一部を借用して奥内小学が開校。同22年田名部村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7250476
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ