ケータイ辞書JLogosロゴ 小田川村(近世)


青森県>金木町

 江戸期〜明治9年の村名。津軽郡田舎庄のうち。弘前藩領。村高は,「正保高帳」16石余,「寛文高辻帳」116石余,「貞享4年検地水帳」402石余(田348石余・畑屋敷54石余),「寛保高辻帳」116石余,「天保郷帳」365石余,「旧高旧領」399石余。天和3年の御代官所村家人数之帳(八木橋文庫蔵)によれば,下ノ切御代官所支配の新田村として小田川村地子中新田が見えるが,同新田はのち当村に吸収されたものと思われる。「貞享4年検地水帳」によれば,小字に「ちから石・山崎・梅ケ谷・鹿とめ・桔梗野・あしか沢」があり,反別は田39町9反余・畑屋敷11町余(うち屋敷地3反余は郷蔵屋敷20歩を含む),また雑木留山1か所があり,このほか除地として観音堂地・境内林が見える。元禄3年には金木組に属し,村位は下(平山日記)。当村は下之切通筋に位置し,元禄7年の御国中道程之図(国立史料館蔵)によれば,中柏本村〜小田川村の距離19町38間,また,嘉瀬村道との追分にある一里山からの距離16町28間,北側は喜良市【きらいち】村に接している。享保13年の反別は田45町2反余・畑屋敷12町9反余,家数27・人数190,馬56,また,地内の地名に「梅ケ谷・刀石・芦ケ沢・弓矢形・鹿留・績野・山崎」が見える(金木郷土史)。地内には観音堂があったが,「安政2年神社書上帳」では棟札に飛竜宮とあったことから小田川村産神飛竜宮と見え,「建立年月不詳,寛文十二年再建」とある。また,同社は末社として天保年間に稲荷宮,嘉永4年に天満宮をそれぞれ合祀している。のち明治初年には飛竜宮は立野神社と改称したものと考えられる。明治4年弘前県を経て,青森県に所属。明治初年の戸数51,物産に関しては「農暇には薪炭又は檜材を出て生活を補ふ」という(国誌)。明治9年喜良市村の一部となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7250495
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ