ケータイ辞書JLogosロゴ 嘉瀬村(近代)


青森県>金木町

 明治22年〜昭和30年の北津軽郡の自治体名。中柏木・嘉瀬・毘沙門・長富の4か村が合併して成立。旧村名を継承した4大字を編成。役場は嘉瀬に設置。明治24年の戸数502・人口3,370,厩502,学校2,水車2(徴発物件一覧)。同31年嘉瀬村農会が設立された。同42年の戸数624・人口4,247。大正9年の世帯数701・人口4,108,うち職業別人口は農業3,325,水産業3,工業200,商業208,交通業58,公務・自由業120,その他194。昭和5年津軽鉄道が開通し,嘉瀬に嘉瀬駅が設置された。同15年の世帯数823・人口4,780。嘉瀬郵便局は,昭和8年郵便取扱所として創設,同11年郵便局に昇格。嘉瀬簡易小学校は,明治25年嘉瀬尋常小学校と改称,大正13年字端山崎の現在地に新築移転。同14年組合立明治高等小学校が廃校になると高等科を併置し尋常高等小学校となる。のち昭和16年嘉瀬国民学校,同22年嘉瀬小学校と変遷した。同30年金木町・五所川原市の各一部となり,中柏木・嘉瀬・長富は金木町,毘沙門は五所川原市の大字に継承。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7250570
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ