ケータイ辞書JLogosロゴ 上市川村(近世)


青森県>五戸町

 江戸期〜明治22年の村名。三戸郡のうち。盛岡藩領。五戸通に属す。元和4年の知行目録(南部家文書)には「市川」として217石余とあり,同7年の「遣知行村付之高」(三翁昔語)には「五戸ノ内上市川」として254石余とあり,江戸初期は根城南部氏の給地であった。村高は,「邦内郷村志」405石余(うち給地272石余),「天保8年御蔵給所書上帳」405石余(御蔵高231石余・給所高174石余),慶応3年「五戸通代官所惣高書上帳」(五戸町誌)760石余(蔵入高303石余・給所高457石余),「旧高旧領」793石余。「正保郷村帳」「貞享高辻帳」「天保郷帳」「安政高辻帳」には村名が見えない。「邦内郷村志」での戸数74,うち本村を除く集落別内訳は北市川20・石呑14・池之堂一銭8,馬188。「本枝村付並位付」によれば,位付は中の中,家数72,集落別内訳は本村33・北市川15・石呑17・池之堂7。慶応3年の「五戸通代官所惣高書上帳」(同前)によれば,給人は櫛引蔵之丞・中市左司馬・楢山益人・江渡又吉・種市五八郎ほか10人であった。地内は狭隘ながらも沖積低地が広がっているため,江戸中期以降新田開発が進展した。宝永2年市川北向で五戸町の商人市兵衛により御蔵新田の開発が行われ(同前),これを機に元文4には御側新田として藩営事業となり,寛保3年には市川新田奉行が設置されて開発が進められた(南部史要)。万延元年の検地高は熟田8万1,705束刈(81町7反余),熟畑1,007人役(10町余)であった(同前)。当村北東の池ノ堂平山は宝暦8年に市川新田の立林とされている(日本林制史資料)。また天保7年には五戸給人の江渡七郎治・種市五八郎・江渡七兵衛により上市川谷地と石呑谷地の御蔵新田の開発が行われ(五戸町誌),安政6年に検地が実施された(同前)。開発高は慶応3年の「五戸通御役高書上帳」(同前)に92石余とある。このような新田開発の結果,慶応3年には760石余と増石した。石盛は上田1石2斗・下々田6斗・上稗田7斗・下々稗田4斗,上畑9斗・下々畑3斗(郷土史叢)。天明元年の「地面小高場所付帳」(五戸町帳)によれば,当村の給地高31石余は,田1,490苅(14反余),畑89.7ツ役(26反余)で,地付百姓6人・作人31人により耕作されていた。田畑の等級は,田はすべて上田,畑は上畑9か所・中畑13か所・下畑5か所・不明1か所であった。安政2年には高62石余の仕付高55石余,これから給所高を差し引いた残高は44石余で,これに対する年貢は50貫817文(五戸町誌),元治元年には仕付高59石余,給所高差し引き残高47石余に対して54貫700文(同前)。地内には神明宮があり,明治期以後村社となる。地内北西寄りの谷間には池ノ堂沼(大泉坊沼)がある。古来から周辺の潅漑用水源に使用されていたとみられ,江戸期には八戸藩の売市年行事大泉坊の雨乞の祭祀場とされていた。宝永6年の「八戸藩日記」(八戸市史)に「大泉坊先達て市川池之堂へ為雨乞被遣候」とみえる。大泉坊の娘が雨乞のために沼に身を捧げたという伝説も伝わる。年代は不明だが寺子屋が開設されていたと伝えられる(五戸町誌)。明治元年弘前藩取締,以後黒羽藩取締,九戸県,八戸県,三戸県,斗南【となみ】藩,斗南県,弘前県を経て同4年青森県に所属。明治初年の家数は,本村90・北市川34・池堂23・石呑31・前並3(国誌)。明治8年民家を仮用して上市川小学が創立され,生徒数は男20。同12年の「共武政表」によれば,戸数・人口は本村67・471(男245・女226),北市川33・258(男127・女131),池ノ堂20・175(男89・女86),石呑30・211(男120・女91),学校は本村1,牛は本村1・池ノ堂4,水車は北市川1・池ノ堂1,馬は本村175・北市川87・池ノ堂64・石呑51。同17年当村ほか2か村の戸長役場が置かれた。同22年川内村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7250634
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ