ケータイ辞書JLogosロゴ 川倉村(近世)


青森県>金木町

 江戸期〜明治22年の村名。津軽郡田舎庄のうち。弘前藩領。村高は,「寛文高辻帳」220石余,「貞享4年検地水帳」924石余(田768石余・畑屋敷156石余),「寛保高辻帳」220石余,「天保郷帳」470石余,「旧高旧領」1,029石余。寛文9蝦夷蜂起(シャクシャインの乱)に際し弘前藩は鎮圧のため出兵するが,このとき出兵した小荷駄付小知行之者の中に,「川倉村藤兵衛,同村孫左衛門」が見えている(津軽一統志)。天和2年庄屋茂左衛門提出の書上帳添図には,屋敷58軒,うち本村46軒・同裏屋敷5軒・新田屋敷6軒・同裏屋敷1軒とある。この新田屋敷6軒は漆新田のことで,天和3年の御代官所村家人数之帳(八木橋文庫蔵)にも,下ノ切御代官所支配の新田村として川倉新田が見えている。また,貞享元年漆新田庄屋勘兵衛の書上にも6名が記載され,漆木350本とある。なお,同新田はのち当村に吸収されたものと思われるが,漆の栽培は続き,文久2年には当村中谷甚平六が漆役に任命されている(金木郷土誌)。「貞享4年検地水帳」によれば,小字に「よね出・林の下・はしのす・宇多野・女坂・七夕野・そと沢・小谷・田子・いなり沢」があり,反別は田101町9反余・畑37町8反余・屋敷2町2反余,また開発可能地(田畑)246町8反余,池床11か所・1町8反余,漆木106本,山3か所,芝野27か所・39町6反余,沼1か所・5町歩・水荒畑2町余があり,このほか除地として観音堂地・境内林4反余が見える。元禄3年には「河倉村」と見え金木組に属し,村位は下(平山日記)。同7年の御国中道程之図(国立史料館蔵)によれば,当村は下之切通筋に位置し,金木村〜川倉村の距離30町23間,その間「さいノ神沢」を渡り1町19間の坂を登ったところに七夕野があり,川倉村〜深郷田【ふうこだ】村の距離27町43間,その間深郷田村内「しけみ」に一里山があった。神社は,村内の林下に三社権現(観音堂)がある(安政2年神社書上帳)。同社は,のち明治4年三柱神社と改称。同6〜8年の間は金木村八幡宮に合祀される(金木郷土史)。寺院は,安政4年深郷田村善導寺8世廓詮の草創という西光庵があったが,明治3年に火災で焼失(国誌)。明治4年弘前県を経て,青森県に所属。同11年北津軽郡に属す。明治2年の戸数54・人口326,馬71(金木郷土史)。同3年知藩事津軽承昭が10町歩以上の耕地所有者に耕地献田買上を諭し,これをもとに翌4年には士族の帰農在宅が行われたが,同4年の金木組村々士卒水帳によれば,当村に帰農を割り当てられた在宅士族は俵子30俵3人,20俵1人,15俵1人であった(弘前図書館蔵)。明治初年の戸数51,村況は「民居高き処にあり,田多畑少,土地は下」という(国誌)。明治10年頃の陸奥国津軽郡村誌によれば,村の幅員は東西1里半・南北18町,税地は田69町8反余・畑17町2反余・宅地8町6反余・山林3町2反余・林2町8反余・秣場148町8反余など計250町7反余,戸数56・人口424(男215・女209),馬82,神社1,物産は米・雑穀(金木郷土史)。同12年川倉小学が開校,開校時の生徒数20(男のみ)・教員数1,のち同20年に藤枝尋常小学校に併合される。明治12年の「共武政表」によれば,戸数62・人口482(男248・女234),馬6,学校1,物産は米・檜・薪。同22年金木村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7250696
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ