ケータイ辞書JLogosロゴ 川倉(近代)


青森県>金木町

 明治22年〜現在の大字名。はじめ金木村,大正9年からは金木町の大字。明治24年の戸数62・人口575,厩35(徴発物件一覧)。同27年もとの川倉小学は藤枝尋常小学校から分離し,児童は金木尋常小学校に通学。同32年地内字七夕野に校舎新築し第二金木尋常小学校となる。同36年金木第二尋常小学校と改称。昭和11年金木第一尋常高等小学校の川倉分教場となったが,同15年再び独立して川倉尋常小学校,同16年川倉国民学校,同22年川倉小学校と変遷した。昭和5年津軽鉄道の五所川原〜中里20.7km全線開通し,同7年川倉停留所が新設去れた(金木郷土史)。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7250697
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ