ケータイ辞書JLogosロゴ 川代村(近世)


青森県>むつ市

江戸期の村名北郡のうち河代村・川台村とも書く下北半島先端部,津軽海峡に注ぐ出戸川河口付近に位置する盛岡藩領田名部【たなぶ】通に属す村高は,「正保郷村帳」8石余「田7石余・畑9斗余」,「貞享高辻帳」10石余,「邦内郷村志」86石余,「天保郷帳」196石余,「安政高辻帳」157石余「旧高旧領」には見えない「仮名付帳」では,枝村に正津川村・出戸村が見えるまた「国誌」では関根村の枝村として村名が見える「本枝村付並位付」では,位付は下の中,家数17民俗行事に庚申様の祭りがある枝村の出戸は,享和2年の家数10(原始謾筆風土年表)とあるが,嘉永3年には「人家彼方此方に散在スル事凡弐十軒斗も有べし」となっていた(東奥沿海日誌)幕末〜明治初年に関根付の一部となる
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7250702
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ