ケータイ辞書JLogosロゴ 神原村(近世)


青森県>金木町

 江戸期〜明治22年の村名。津軽郡田舎庄のうち。弘前藩領。享保12年には金木新田18村のうちの1村として見え,村位は下,免合は六ツ成とある(平山日記)。なお,金木新田のうち11か村は,元禄11年に深郷田【ふこうだ】新田として藩によって開発に着手されており(同前),当村の成立もこの頃と思われる。集落をはじめ金木川付近にあったが,宝永3年の大水害の後,現在地に移転したという(津軽信政公事績)。ちなみに,元禄年間の写と思われる金木新田之図(弘前図書館蔵)では「川口村(蒔田村)より神原村迄九町弐拾壱間」とあるのに対し,のち明治10年頃の陸奥国津軽郡村誌では「東蒔田村へ十三町十二間」となっており(金木郷土史),集落の位置変化が確認される。村高は,元文元年検地帳106石余(同前),明和4年の再検では95石余,「天保郷帳」98石余,「旧高旧領」110石余。「平山日記」享保14年3月12,3日条に「大雨ニ而下在洪水,蒲原村ニ而家拾弐軒流,人馬多死,所々堤痛み申候」とあり,この時元村は全滅したと思われる(同前)。元文元年の検地帳によれば,反別は田16町6反余,畑1町8反余・屋敷1反余,このほか御番所屋敷1か所,空地5か所・1反余,沼1か所・5反余,川原1か所・8町5反余,渡守小屋1か所があった。番所はもとの金木川口材木改番所にあたり,金木村内にあったものが,当村の成立にともない当村にあったものと思われる。先の金木新田之図では,金木川落合に番所が見えている。渡守小屋は金木川と岩木川の合流点より約3町下流に設けられた岩木川の神原渡場にあたる(同前)。同渡場は岩木川左岸の広須組・木造新田の村々と金木組・金木新田の村々とを結ぶ重要な渡場で,享和2年9代藩主津軽寧親が新田地方を巡視した際にも利用している(西津軽郡史)。なお,安政4年の在支配分限帳によれば,渡賃は馬4文・人2文,渡守には1分が支給された(同前)。のち明治41年に神田橋が竣工したのと同時に渡船は廃止となる(金木郷土史)。明和4年に当村の再検が行われるが,この時の反別は田14町9反余,畑1町5反余・屋敷1反余。元文元年の検地の時より村高等が幾分減少しているが,これは享保14年の洪水によるものと考えられる(同前)。明治4年弘前県を経て,青森県に所属。同11年北津軽郡に属す。明治2年の戸数18・人口97,馬22(同前)。同3年知藩事津軽承昭が10町歩以上の耕地所有者に耕地献田買上を諭し,これをもとに翌4年には士族の帰農在宅が行われたが,同4年の金木組村々士卒水帳によれば,当村に帰農を割り当てられた在宅士族は俵子20俵1人であった(弘前図書館蔵)。明治初年の戸数21,村況は「村家堤下の汚地にあり」といい,渡の幅は54間とある(国誌)。明治10年頃の陸奥国津軽郡村誌によれば,村の幅員は東西12町半・南北20町,税地は田22町8反余・畑5町4反余・宅地1町5反余・船置場1反余など計29町9反余,戸数20・人口117(男65・女52),馬15,大川堤の長さ13町55間・幅5間半・道敷2間半,物産は米・雑穀。また,蒔田村から豊島村へかけて大堰と豊島堰があり,これらによって当村の水田約6町半が潅漑された(金木郷土史)。同22年金木村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7250727
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ