ケータイ辞書JLogosロゴ 桐屋内村(近世)


青森県>五戸町

 江戸期〜明治22年の村名。三戸郡のうち。盛岡藩領。五戸通に属す。元和4年の知行目録(南部家文書)には「切野内」61石余,ほかに地内の「大くき」19石余,「鬼沢 気瀬沢」9石余とみえ,江戸初期は根城南部氏に給されていた。元和7年の知行宛行目録(南部家文書)によれば,35石余が「大くき 柿部」,15石余が「きりやない 代官」とある。天保10年五戸給人鳥谷部三之助の給地は当村で6斗,給地百姓1人(五戸町誌)。慶応3年の「五戸通代官所惣高書上帳」(同前)では,給人は漆戸甚右衛門・鳥谷部金七・中市弥六・米田武兵・楢山益人ほか14人であった。村高は,「正保郷村帳」67石余(田39石余・畑28石余),「貞享高辻帳」84石余,「邦内郷村志」696石余(うち給地359石余),「天保郷帳」477石余,「天保8年御蔵給所書上帳」613石余(御蔵高300石余・給所高313石余),「安政高辻帳」383石余,慶応3年「五戸通代官所惣高書上帳」(同前)734石余(うち蔵入高301石余・給所高433石余),「旧高旧領」734石余。「邦内郷村志」では,家数73,本村を除く集落別内訳は大久木3・勝負川10・段之越2・粒ケ谷地8・大森10・左野1・傾城沢1・馬数207。「本枝村付並位付」によれば,位付は中の上,家数71,集落別内訳は本村23・左野21・大久木3・勝負川14・粒ケ谷地10。右盛は上田1石2斗・下々田6斗,上稗田7斗・下々稗田4斗,上畑9斗・下々田3斗(郷土史叢)。元禄8年の割付状(五戸町誌)には当村右京助12石9斗8升4合の特高に,2駄片馬3斗5升7合の年貢が賦課されている。江戸期はしばしば凶作の打撃を受けたが,安政4年当村の漆戸滝口領では,89人に対して1人につき1か年稗2合6勺の積りとして2斗3升7合が囲殻稗として備殻されていた(豊川家文書/五戸町誌)。地内には天満宮がある。文久年間と文政年間に開業された寺子屋があり,読書・習字・算術を教授し,後者の寺戸数は男20であった。明治元年弘前藩取締,以後黒羽藩取締,九戸県,八戸県,三戸県,斗南【となみ】藩,斗南県,弘前県を経て,同4年青森県に所属。明治9年切谷内小学が創立し,生徒は男41。明治初年の家数は本村58・佐野19・大久木6・粒ケ谷地20・菖蒲川30,産物は馬(国誌)。同9年頃大森村を合併した。同12年の「共武政表」によれば,戸数・人口は本村60・420(男207・女213),佐野29・160(男85・女75),粒ケ谷地21・150(男74・女76),菖蒲川38・254(男141・女113),学校は本村1,水車は本村1,牛は本村15・菖蒲川1,馬は本村154・佐野70・粒ケ谷地66・菖蒲川73,物産は米・麦・雑穀・麻糸。同22年川内村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7250771
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ