ケータイ辞書JLogosロゴ 五戸村(近世)


青森県>五戸町

 江戸期〜明治22年の村名。三戸郡のうち。盛岡藩領。五戸通に属す。慶応3年の「五戸通代官所惣高書上帳」(五戸町誌)によれば,給人は本村宇八郎・中市左司馬・鳥谷部吉左衛門・花輪図書・円子賀右衛門・工藤庄兵衛ほか26人であった。村高は,「正保郷村帳」606石余(田492石余・畑114石余),「貞享高辻帳」757石余,「邦内郷村志」2,127石余(うち給地1,083石余),「天保郷帳」1,883石余,「天保8年御蔵御給所書上帳」1,885石余(うち御蔵高540石余・給所高907石余),「安政高辻帳」1,510石余,慶応3年「五戸通代官所惣高書上帳」2,363石余(蔵入高1,635石余・給所高728石余),「旧高旧領」2,362石余。石盛は上田1石2斗・下々田6斗・上稗田7斗・下々稗田4斗・上畑9斗・下々畑3斗(郷土史叢)。給地百姓人数と平均持高は,元禄4年新田高100石を付与された木村又助(秀勝の後裔)領では,当村で88石余と知行し,百姓数71,1人当たりの平均持高は1石余(木村家文書)。天保10年の五戸給人鳥谷部三之助領では当村で90石余を知行し,百姓数18,1人当たりの全平均持高4石余となっている(五戸町誌)。鳥谷部氏領は天保7年の「給所打直御検地名寄御帳」(同前)によれば83石余で,田61石余(中田33石余・下田28石余・下々田3升),畑21石余(上中畑4石余・下畑8石余・下々畑8石余),反別は121反余で,田68反余(中田33反余・下田34反余),畑52反余(上畑1反以下・中畑6反余・下畑17反余・下々畑28反余),耕作百姓は12人で,平均持高は6.8石。平均所有面積は水田5.8反・畑4.3反となっている。地内には五戸代官所が置かれ,五戸通37か村(三戸郡18か村,北郡19か村)を統轄する地方政治の中心地であった。慶安5年の支配帳(岩手県史)には五戸代官としてすでに木村杢助・摂待忠兵衛の名前がみえる。木村氏は代官所開設以来延宝7年に盛岡城下へ移住するまで,代々五戸代官に就任した(参考諸家系図)。これは同氏が戦国期以来五戸の開発領主として歴然たる地位を占めていたからとみられる。代官所の隣には五戸通から集荷した穀物を収納する五戸御蔵と蔵役所がおかれていた。慶安3年の五戸御蔵改によれば米・大豆・粟が収蔵されていた(雑書)。地内は町場と村に分けられ,「邦内郷村志」によれば,家数520,本村を除く集落別内訳は川原町131・腰掛沢10・才神3・海老川28・下新井田7・大久保2・兎内17,馬数654,「本枝村付並位付」によれば家数337,町場は大町(65)・新町(47)・新丁(29)・荒町(20)・馬町(48)・浦町(7)・川原町(68)の7か町,村は越掛沢(7)・才ノ神(3)・蛯川(23)・下新井田(5)・石仏(3)の5か村から構成されていた。枝村に新井田村(上新井田・下新井田)がある。町場である街地は五戸川右岸の丘陵地に天正末年から慶長初年にかけて形成されたといわれ(五戸町誌),五戸川に臨む丘陵地端にある五戸代官所を中心に南には上町,北の五戸川左岸の低地には下町が配置されていた。五戸代官所は木村氏の居館である五戸館に設けられたもので,館内東側が代官所,西側が同氏の屋敷地となっていた(同前)。上町は上・下とに分かれる大町を基点にその北側の代官所との間には裏町,南側には新町・新丁が張り出し,新町からは下大町の南に平行する形で馬町,上大町の南に並行する形で荒町が形成されていた。下町には川原町があった。町の中心街は江戸初期には川原町であったといわれ,制札場も設置されていたといい(同前),2の日の三斎市が開設されていた(雑書)。後期に至ると市は上町に移り,大町と新町には分限者が居住して繁栄した。町場には町役人の検断がおかれ,上町には上町検断,下町には下町検断,あるいは川原町検断がおかれ,有力商人が命じられてそれぞれの町域を支配した(内史略・木村家文書)。有力商人としては,天保6年の「南部藩分限番付」に登載された世話役の江渡又兵衛(江渡屋),小結の三浦伝七(伊勢屋),前頭の藤田武兵衛・藤田重蔵・田中平兵衛(角屋・田中屋)・江渡半兵衛などがいた。町屋敷の規模は同町屋敷帳(年代不明)によれば,間口は31軒のうち10間以上2軒,8〜7間2軒,6〜5間5軒,4間8軒,3間以下14軒で,4間以下の屋敷が主流を占めていた。各商人の具体的職種は不明だが,江戸初期の酒造業の発達は,万治4年1軒,寛文6年1軒,天和元年7軒と着実に酒造業が増加している(五戸町誌)。これは米穀生産力の伸長と対応し,町場の商況の振興を物語るものである。また当地には大肝入がおかれ,五戸通の各村の肝入・老名の差配にあたっていた(内史略)。文政年間には田中勘四郎がおり,世襲で苗字帯刀御免,御免地給与を得ていた(五戸町誌)。当地は早くから市日が開設され,経済的にも五戸通の中心的役割を担っていた。慶長初年頃の木村杢宛の南部信直書状(同前)に「北より板越候は今度之市より可買候哉,何時安く候哉,やすき時分かい候へく候」とあり,奥瀬・沢田や戸来方面などと早くから材木の交易があったことが知られる。延宝7年2月川原町に2の日の三斎市が開設され(雑書),元禄年間には町名は不明だが7の日の三斎市が開かれたという(五戸町誌)。市での交易品は茶・煙草・紙・太布・麻糸・蝋燭・真綿・畳表・紫紺などであった(同前)。八戸藩領の軽米から鋤鍬類の鉄製品も出されている(元屋家文書)。当地は奥州街道の往還筋にあたり,宿場町としても栄えた。奥州街道は,当初は当町の南西から荒町に入り,上大町・下大町を経て川原町へ抜けていたが,その後南の愛宕丁から入り,新丁・新町・下大町を経て川原町へ至った。町へ入る往還筋には古街道長根の字名が残存している。駅場は当初は川原町,のちには新町に置かれた。近隣への里程と駄賃は,伝法寺へ1里24丁57間,人足31文・本荷61文・軽尻41文,浅水へ1里17丁40間,人足27文・本荷54文・軽尻33文。旅宿は江戸末期には大町に商人宿2軒,新町に商人宿2軒・往来宿2軒があった(五戸町誌)。嘉永5年正月当地を訪れた吉田松陰の「東北遊日記」に「五戸地着の士は六十名ばかり,おおむね禄は甚だ微なり,村里に散在し,耕を以て生となす。五戸・三戸・福岡は地着皆若干名ばかり。南部は多く大豆を産し,大阪に運ぶものは皆馬に載せてこれを野辺地に致す。牧場数ケ所に野馬を産す。五戸は個数五百,川あり,荒川港に注ぐ,ここを去ること三里なり」とある。嘉永6年三閉伊通から百姓一揆がおこり,全領に拡大したが,これと呼応して当地でも百姓一揆がおき,同年7月当町の北東の白山平に御用金の免除,別段買上大豆の中止,夫伝馬の軽減など17か条の要求を掲げて一揆勢が集合した。参加人数は「五戸一万三千石三拾三郷百姓共家別に壱人宛」(同前)とされ,約4,000人にのぼったという。一揆勢は五戸代官所を見限って南部氏の故地三戸代官所(現三戸町)を目指して進み,途中高山峠の高松で野宿し,三戸町へ入った。三戸代官所との折衝の結果,藩から11か条の免除を得て,一揆は成功をみた(南部藩百姓一揆の研究)。五戸川左岸の丘陵山地は又重野の一角を形成し牧野に利用され,周辺の山地には山林が繁茂していた。幕末には農民・商人による植林事業も行われ,文久3年には植立者より向新田山の杉・松とも150本,鍛冶屋久保尾の杉・松・栗とも700本の立林を8割の取分で伐採したいと願い出ている(五戸町誌)。支村の越掛沢は五戸給人の中市氏が開発した村といわれ(同前),山崎新田と通称される。同村南西の隣地鹿内【しかない】には,鎌倉期の宝治合戦で滅亡した千葉氏が落居して鹿内氏と名を変えたという(鹿内一族の移住)。地内には木村氏の居館たる旧館の古館と新館の五戸館跡があり,寺は木村氏の菩提寺で慶長2年開創という曹洞宗光明山高雲寺,浄土宗一光山専念寺,黄檗宗円通山福寿院(のち西沢山福聚院),神社には永正4年木村氏勧請と伝える八幡宮,明治以後郷社となる稲荷神社や明神宮があった。また五戸川右岸から兎内・切谷内方面に引水する用水堰があり,江戸初期頃木村氏の開削と伝え,木村堰,または代官堰と通称される(現天満下用水堰)。明治元年弘前藩取締,以後黒羽藩取締,九戸県,八戸県,三戸県,斗南【となみ】藩,斗南県,弘前県を経て,同4年青森県に所属。明治初年の戸数516(町367・村149),内訳(史料ママ)は上大町45・下大町27・新町49・新丁26・愛宕丁16・荒町横丁3・荒町29・上後小路8・下後小路5・馬喰町25・材槌町2・横丁23・坂町5・沢町・23・川原町61・伝兵エ町15・四ツ谷3・古堂7・沢向10・下ノ沢27・大下9・畑中8・追分2・四ツ屋7・上宿頭5・狐森14・野月12・館17・堀合12・堀ノ内5・中ノ沢0,ほかに下新井田14・蛯川46・赤川13・新道1・幸神4・越掛沢24・小鹿内1・鹿内21・虫遂塚2・小渡9・徳良久保1・ステ川1(国誌)。さらに「町と唱ひ,旅舎軒を連ね,酒醤菜肴備さるものなく毎月七々の日に市立ありて,遠近集会して有無を交易し,鮮鱗は昼夜下市川村及ひ八戸より,茄瓜桃柿林会鹿梨の類は三戸と八戸より輸し,新陳交替して,大都会をなす」とある。中ノ沢には明治4年斗南藩の救貧所が建てられ,同5年開産所,さらに物産所と改称された(同前)。私塾として天保年間から明治5年にかけ読書・習字を教授した櫛引道場が古堂に開かれ,明治6年に廃業したが,ほかに文武を教授した霞道場が観音堂に,明治初年に倉内平治右衛門が漢学を教授した倉内塾(中ノ沢塾)が中ノ沢に,明治初年に内藤信節が漢学を教授した内藤塾が天満にあった。塾生は櫛引道場が男50・女3,霞道場が男15〜20。倉沢・内藤塾はともに斗南藩士の重役が開業した私塾であり,当地方の子弟に多大な教育的感化を与えた。中でも倉沢塾からは思想家の江渡狄嶺,評論家の鳥谷部春汀らを輩出した。寺子屋では寛政8年から明治6年にかけて読書・習字を教授したものが荒町に開業しており(寺子数男70・女10),文政年間から明治6年にかけて読書・習字を教授したものが新町(男40・女5),年代や教授内容不明のものが上大町(寺子数名余),博労町(寺子数17〜18),川原町に2か所(男50・女27〜28)あり,幕末から明治初年にかけて読書・習字を教授したものが蛯川(寺子数14〜15)にあった。明治6年寺院を仮用して第7大学区第17中学区2番小学として五戸小学が創立した。同7年の生徒数は男184・女27。同9年蛯川小学が創立し,生徒数男32・女1。同14年五戸小学校に越掛沢分校が設置された。明治9年頃兎内村を合併した。同12年の「共武政表」によれば,本村の戸数716・人口3,689(男1,909・女1,780),官庁1,寺院3,学校1,水車4,牛45,馬765,人力車16,物産は米・麦・雑穀・乾物・酒類・麻糸,越掛沢の戸数34・人口240(男122・女118),馬95,物産は米・麦・雑穀,麻糸,下新井田の戸数17・人口101,馬39,物産は米・麦・雑穀,麻糸,蛯川の戸数42・人口312(男163・女149),学校1,馬116,兎内の戸数39・人口271(男135・女136),馬52,物産は米・麦・雑穀,麻糸。明治4年当村に五戸支所が開設され,同6年には区会所,同16年には組役場,同17年には戸長役場が置かれた。同22年市制町村制施行により単独で自治体を形成。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7250908
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ