ケータイ辞書JLogosロゴ 五戸村(近代)


青森県>五戸町

 明治22年〜大正4年の三戸郡の自治体名。大字は編成せず。明治24年の戸数810・人口5,446,廐8,学校2,水車8(徴発物件一覧)。同36年の産物の反別と収量は,米360町・673.7石・麦105町・541石,大豆198町・297石,粟187.4町・505石,稗98.5町・443石(県治一班)。大正15年の物産生産額は,農産物50万円・畜産19万円・林産物27万3,000円・工産物6万9,000円その他で合計170万円(県総覧)。明治39年五戸川左岸の川原町北側地区の3,155町歩の耕地整理事業完了。明治9年頃リンゴが導入され,同40年には五戸果樹会が設立され,一層栽培が進展。明治24年川原町製糸場が設けられて生糸の生産が始まる。職工数51。同28年五戸蚕糸組合が設立され,養蚕が普及。明治25年には地蔵平牧場が創立し,106町歩の牧野に馬179頭が放牧される。明治後期以後には馬産の改良も振興。明治30年電信業務の取扱いが始まり,大正2年には電話が開通。同年街地169戸を焼失する大火が発生。明治末年には下大町の北東端の沢地が埋め立てられ,さらに大正4年には博労町の北東端の沢地にも盛立が完了し,街地が西の丘陵地から東の丘陵地へと接続・拡大した。また,同年市川道・戸来道が郡道として完工した。同4年町制施行。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7250909
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ