ケータイ辞書JLogosロゴ 下田町(近代)


青森県>下田町

 昭和44年〜現在の上北郡の自治体名。大字は編成せず,昭和39年八戸地区新産業都市の指定をうけ,同44年の八戸地域広域町村圏の設定を契機として,同年8月に町制施行。八戸市のベッドタウンとしての機能強化と積極的な工業導入を柱に町の推進をはかる。同57年3月第2次下田町総合振興計画を樹立し,農工併進の豊かな町づくりと,住みよく明るい地域社会の形成を目ざしている。世帯数・人口は,昭和45年1,779・8,039,同50年1,926・7,902,同55年2,118・8,240と増加の傾向にある。総面積4,938haのうち,農用地2,110ha(42.7%)・山林原野1,650ha(33.4%)で,現在,平坦地のほとんどが水田・畑作に利用される農村地域である。昭和46年・58年には当町の一部を六戸町に編入。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7251154
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ