ケータイ辞書JLogosロゴ 田名部村(近世)


青森県>むつ市

 江戸期〜明治22年の村名。北郡のうち。田名部町ともいう(邦内郷村志)。盛岡藩領。田名部通に属す。村高は,「正保郷村帳」442石余(田408石余・畑34石余),「貞享高辻帳」553石余,「邦内郷村志」979石余(うち給地187石余),「天保郷帳」1,108石余,「天保8年御蔵給所書上帳」813石余(御蔵高641石余・給所高152石余・御免地高18石余),「安政高辻帳」888石余,「旧高旧領」859石余。「仮名付帳」では,新町・本町・柳町があり,枝村として関根村・烏沢村が見える。「邦内郷村志」では,家数354,人数1,997,馬473,牛417,地船15,神社は八幡社・天神社・神明社・釜臥山大明神,寺院は曽洞宗吉祥山円通寺・浄土宗不退山常念寺・真言宗八峯山常楽寺・天台宗大悲山蓮華寺・浄土真宗齢香山徳玄寺・法華宗一乗山善宗寺と海洋山田名部常念寺末慈眼寺・釜臥山田名部円通寺末菩提寺,ほかに愛宕堂・熊野堂がある。円通寺には八戸南部弥六郎の先祖の位牌がある。「本枝村付並位付」によれば,位付は中の下,家数340,集落別内訳は新町55・本町41・柳町64・小河町28・横向へ町43・明神町29・金屋21・落ノ沢2・中山5・女館13・椛山15・栗山24。寛文13年田名部代官所が設置され,田名部通34か村を統治し,下北半島の行政上の中心であった。このため,下北半島一円を田名部と総称することもあった。江戸後期には,北方警備の強化にともない,田名部代官は七戸・三戸両代官に次いで重要視された。また,寛文12年には従来の1の日の三斎市に6の日の三斎市が増設されており(雑書),古くから下北の物資の集散地として経済的にも中心的役割を果たした。このため,江戸前期から村内に町場が形成されて田名部町と称し,田名部町には本町・新町・小川町・柳町・横向町が形成され,この5町は田名部五町と呼ばれた。田名部町は湊ではなかったが,田名部大橋の手前に田名部橋前と呼ばれる舟着場があり,川舟が陸奥湾沿岸の大平・安渡の両湊との間を往来し,当地で陸揚げされた物資は陸路で大畑・野辺地など周辺村々に運ばれた。このため,湊ではないのにもかかわらず,とくに当地に廻船問屋が許され,享和2年には田名部七湊の問屋に田名部町の問屋を加えて問屋議定書を作成している(廻船文書,大畑中央公民館蔵)。享和元年の伊能忠敬「測量日記」に,当地は「奥北に稀なるところにて,寺院・医師其外表立し人々学問を好み詩歌を能くす」と記され,同2年の「東案内記」には「船間改の番所有……舟ハ日々に津軽米など積込廻舟す。賑ふ繁花の片里なり。市日朔日十一日廿一日也造酒や其外諸商人大店向あまた有」とある。寛政年間に菅江真澄も当地に滞留して「奥の手風俗」という紀行集を著し,この中でエブリスリを藤九郎と呼ぶことをあげ,民俗文化に関心を示している。松浦武四郎も嘉永年間に「月六度の市を立て至て繁花の地なり。しかれども此近年領主より度々御用金を取らるゝ故に大に衰微せりと語りし」と記している(東奥沿海日誌)。田名部商人では佐藤庄左衛門・山本理左衛門・若山宇吉・渡辺安衛門・丸山理右衛門・木屋善蔵・島谷宗助・川口徳右衛門が活躍した。このうち佐藤庄左衛門と山本理左衛門の2店は,大坂廻船御用懸大問屋として田名部通七湊の問屋の総元締で知られる。明治元年弘前藩取締,以後黒羽藩取締,九戸県,八戸県,三戸県,斗南【となみ】藩,斗南県,弘前県を経て,同4年青森県に所属。弘前藩の支配下では旧盛岡藩の領民が新管理者反対一揆を起こし,この結果黒羽藩の支配となる。明治2年11月旧会津藩が当地方に移ってきて斗南藩が立藩されるが,藩庁ははじめ三戸郡五戸に置かれたのち,同3年当地へ移転した。そして,斗南移住者約2,800戸のうち約300戸が当地に来住した。この斗南藩庁移転後には田名部町は斗南町と称され,斗南町は明治初年には新町・横町・横向町・明神町・小川町・北小川町・城内町・上城内・本町・柳町・地蔵町・谷地町・御構町の13か村からなる(国誌)。また明治初年の史料には金屋・落野沢・石上・中山・栗山・南樺山・斗南ケ岡・女館・北樺山・最花の諸村が枝村として見える。金屋(金谷)は「草のところ」を意味するアイヌ語系の地名と考えられ(旅と伝説),幕末期の「東奥沿海日誌」では「金屋村・銫屋村成べし。人家20軒斗」とある。また明治初年の「国誌」では「家数24軒。北に山を負ひ南に大川に沿ふ」とある。金屋には天明7年福岡呑香稲荷を分霊したといわれる針森稲荷と寛文2年創建の稲荷神社がある。落野沢はくぼんだ地形に由来すると考えられ,「国誌」では「本村の西25丁にあり,家数3軒平地にあり,南中山まで5丁」とあり,創建年代不詳の呑香稲荷神社がある。神社の床柱には柴四郎・同五郎兄弟の和歌が残る。この落野沢は斗南藩士が一部入植した開拓村であり,「新田初五郎の家1軒と,それより50間ほど隔たりたる低き川辺に分家の1軒あるのみなり」とも記されている(ある明治人の記録)。石上は,「国誌」では「本村の西北の方10丁にあり,5軒山に沿て住す」とあり,また康正2年南部政経が再営したといわれる北極星を祭神とした北辰神社がある。中山については,「本村の西23丁にあり,家数6軒平地に住す」とある(国誌)。明治11年下北郡に属し,郡役所が置かれる。同12年の「共武政表」によれば,戸数524・人口2,921(男1,396・女1,525),牛311,馬656,船7,学校2,物産は稗・粟・大豆・蕎麦・薯蕷・馬鈴薯・檜材・杉材・松材・硫黄。明治6年木造2階屋の公立小学校が開校。同12年致道中学校初等中学科,同14年初等師範学校が開設される。同22年町場の各町も含めて田名部村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7251466
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ