ケータイ辞書JLogosロゴ 田名部町(近代)


青森県>むつ市

 明治32年〜昭和34年の下北郡の自治体名。村制時の4大字を継承。当町は商業が発達していたが,特に田名部地内の本町は,商店・銀行・旅館などが軒を並べ,下北地方随一の繁華街として栄えた。大正10年国鉄大湊線が開通し田名部駅(現赤川駅)が開設された。これに伴い,田名部柳町を起点に,田名部駅まで旅客貨物輸送を目的とし,田名部運輸軌道を同年設立。国鉄大畑線の開通直前(昭和14年)まで経営した。赤川駅は現在無人駅となっている。同14年には下北駅が開設。田名部字川尻には大正7年大湊興業が設立され,田名部字海老川には昭和12年日本特殊鋼管大湊砂鉄製錬工場が設置されて,下北産業開発の双璧といわれた。同14年大畑線が開通し,本田名部駅(現田名部駅)が開設。昭和5年田名部営林署を新築落成。同18年大湊海兵団が設置された。昭和4年町立女子実業補習学校が発足,のち名称変更を繰り返し,同16年県立田名部高等女学校となる。同年町立田名部中学校が発足し,同20年県に移管された。同24年両校が統合して,新たに県立田名部高校が開校した。大正元年の戸数1,006・人口7,875。同9年の世帯数1,555・人口9,190,うち職業別人口は,農業4,632,水産業959,鉱業14,工業1,153,商業1,094,交通業399,公務・自由業506,その他の有業291・家事使用人9・無職業133。以後の世帯数・人口は,昭和15年2,615・1万5,165,同22年3,749・2万189。同26年東通村との間で境界変更実施。同34年大湊田名部市の一部となり,町制時の4大字は同市の大字に継承。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7251468
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ