ケータイ辞書JLogosロゴ 長後村(近世)


青森県>佐井村

 江戸期〜明治22年の村名。北郡のうち。盛岡藩領。田名部【たなぶ】通に属す。当村の枝村に福浦村・牛滝村があったが,江戸期はそれぞれ一村として扱われることも多く,両村が最終的に当村に吸収されたのは,福浦村が文化元年,牛滝村が安政年間頃と考えられるが,不詳。当村は牛滝村より村落規模は小さいが,佐井村に近く,交通の便において他の2か村をしのいでいたために本村としての地位を占めたと思われる。村高は,「正保郷村帳」では,「無所務」とあり,元禄12年の絵図では「無高」,「元禄郷帳」に見えないのは無高であったためといい(文化4年南部大膳大夫領分郷村仮名付帳之内御尋之趣御答書帳),「邦内郷村志」5石余(畑のみ),「天保郷帳」12石余,「旧高旧領」22石余。「天保郷帳」で福浦村,「旧高旧領」で牛滝村をそれぞれ吸収したことが,村高の変遷からもわかる。街道も,正保4年の南部領内惣絵図では当村までで,当村以南には道筋の記載はないが,元禄12年の絵図では牛滝村まで延びている。当村は江戸期を通して地先の小規模な漁業と山子労働によって再生産を行っていた。湊は田名部五ケ湊・田名部七ケ湊としての指定はないが,廻船の入津があったことが「雑書」寛文12年4月20日条にみえる。享保6年には天当小廻船が3隻あった。廻船問屋に池田屋があり,松前・庄内・越後・津軽方面に廻航していた。地先の海産物はこの池田屋に納められていた(長後村誌断片記/佐井村誌上巻)。享保6年における当村の村政機構は肝煎1人で掃部,地役人に牛滝の源八と長後の治兵衛の名がみえ,組頭が1か村1人ずつの3人,留書1人,小走が3か村で3人となっている(佐井村誌)。これによれば,この時期,福浦・牛滝の両村が当村の枝村として扱われていたことになるが,委細は不明である。「邦内郷村志」によれば,家数6,地船1,長後・福浦・牛滝の3か村で漁船10,塩釜1,檜山として喜平治沢1か所があげられている。「本枝村付並位付」では,位付は下の中,家数8。嘉永3年の松浦武四郎「東奥沿岸日誌」には当村の様子を,「此辺浜形北向にして小湾,図合船かゝり宜,沢には少し稗并野菜畑も有也,人家二十五六軒,漁者にして檜山稼並松前出業,畑等を作る故至而富り,又春より秋迄は男といふもの八十歳より下と六十歳己上のミ居るよし,ミな松前へ至るときけり,扨此処にて草鞋を一足無心致したるに,皆佐渡わらじにて彼地より来るといへり,一足代三十弐文」と書き記す。当村は檜材を中心とする林産業が盛んで,「隠し山」があったとされる。享和2年には佐井村与作により喜平次沢山31両,4,800石の入札が行われている(原始謾筆風土年表)。菅江真澄は「奥の浦うら」の中で,源藤次郎(脇野沢村源藤城)付近にて「此あたりは,山子とて杣山賤をわざにて,そぎた(枌板)のみつくり」と記しているが,長後も同様で,明治中頃まで組を作って枌板の生産を行っていた(長後村誌断片記)。「原始謾筆風土年表」に長後銅山についての記載がみえ,宝暦4年「山形より来て佐井に住セし樋口浅右衛門長後銅山興さんト謀」とあり,天明5年「田名部,丸山荘三郎受負しか寛政末迄掘続」とある。菅江真澄「奥の浦うら」にも「チの鋪穴などたづねもとむれば,朱なる水ながれて血をそゝぐがごとし」とある。「御番所書留帳」(佐井村誌下巻)によれば,嘉永2年銅10箇を野辺地まで駄送するので伝馬3疋を出す旨,長後から野辺地までの宿駅の検断・肝入に命じている。この銅は野辺地湊から御用銅として海路大坂へ運ばれ精錬されたものである。文化5年には当村に大砲2門を設置した(原始謾筆風土年表)。幕末の漆戸茂樹「北奥路程記」には,大砲場3か所が書き上げられている。神社は,正徳4年勧請と伝えられる稲荷神社がある(佐井村誌)。同社は「往古建之,邑人不伝草創」といい(邦内郷村志),のち明治初年の一時期,牛滝の神明宮に合祀される(国誌)。観音堂(テラコ)は田名部海辺三十三番巡所の14番札所である(佐井村誌)。明治元年弘前藩取締,以後黒羽藩取締,九戸県,八戸県,三戸県,斗南【となみ】藩,斗南県,弘前県を経て,同4年青森県に所属。同11年下北郡に属す。明治8年の地価帳(佐井村誌下)によれば,小字として穴間・長後・川目・長浜・沼ノ平・福浦・福浦川目・細間・牛滝・牛滝川目・牛滝屋・敷浦・野平が見え,畑32町5畝7歩,この地租15円43銭7厘,宅地1町2反3畝21歩,地租2円42銭6厘であり,畑は大豆の収穫高が地価算定の基礎とされた。明治初年の「国誌」によれば,家数61,うち支村福浦11・牛滝32(うち野平1),村況は「東大山を擁し西は海に臨み左右岩角対峙して小湾をなし,長後川の流に沿て菜圃を闢き,土地磽埆にして秋獲少く,且水田なし,農隙漁をなし北海に渡て傭をなす,当時男子七十六人の内工五人商一人漁夫三十人傭人四十人あり,当村の景勢思ひ量るへし……官人商客の輩行かさること能さるは皆舟行し」という。また同書によれば,支村福浦は「この所も小湾をなし,纔の平地ありて菜圃を開く」といい,牛滝は「これも小湾をなし,纔の平地に菜圃あり,此の所は陸行危難の所にて舟路にて用を便し,婦女等終身都会の光景を知らさる者あり」とその様子を記している。明治12年の「共武政表」によれば,戸数52・人口367(男189・女178),日本形船4(100石積以上2・同以下2),物産は干鮑・鰹節・鯣・海苔・心太草・鹿尾菜・昆布・檜材・杉材。同14年長後簡易小学(のちの長後小学校)と牛滝小学が開校,同19年佐井尋常小学校福浦分校(のちの福浦小学校)が開校する(佐井村誌上巻)。明治16年の下北郡長河西粛四への報告書には支村をふくめ40〜50戸,土地は開けず鹿・猿の輩とともに生活しているといっていいほどであると記されている。同17年河西粛四郡長の視察記録では,支村牛滝村は村中の補助によって露命をつなぐ者2戸,生活困窮者4戸,従来船大工が多かったが和船の衰退により漁業に転じた者が多いものの漁獲高は少ないとある。また,福浦村について,毎年1人につき稗1升ずつを貯える掟があり,麻・馬鈴薯を少し栽培していると書き記している。同17年の佐井村役場旧記録によれば,当村の戸数65,うち課税戸数60。同18年の郡長巡察記録では,当村から北海道への出稼者15,6人,翌19年柴太一郎郡長巡察の際に提出された資料には戸数64,道路嶮岨で人跡なく,牛馬も通じないとある(同前)。明治11〜16年まで戸長役場設置。同22年佐井村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7251534
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ