ケータイ辞書JLogosロゴ 姉帯村(近世)


岩手県>一戸町

 江戸期〜明治22年の村名。二戸郡のうち。盛岡藩領。享保20年からは福岡通に属す。村高は,「正保郷村帳」112石余(田1石余・畑111石余),「貞享高辻帳」140石余,「邦内郷村志」206石余,「天保郷帳」266石余,「安政高辻帳」213石余。「旧高旧領」206石余。なお,「仮名付帳」には当村の枝村として面岸村が見える。天保3年の「福岡通御代官所御郡分書上帳」によれば,村高260石余のうち蔵入高は53石余,給人は5人。「邦内郷村志」では,家数123・人数715,馬320。「本枝村付並位付」によれば,位付は下の中,家数123,集落別内訳は本村76・野場須賀18・名子根24・山東3・尻高2。明治元年弘前藩取締,以後黒羽藩取締,九戸県,八戸県,三戸県,江刺県,青森県を経て,同9年岩手県に所属。同18年の村の幅員は東西約1里5町・南北約1里2町,税地は田5町余・畑162町など計184町余,戸数131・人口692(男370・女322),牛145,馬245,職業別戸数は農業127・工業3,物産は牛・馬・大豆・蝋・漆・竹細工・太布(管轄地誌)。同22年姉帯村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7252834
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ