ケータイ辞書JLogosロゴ 一戸村(近世)


岩手県>一戸町

 江戸期〜明治22年の村名。二戸郡のうち。盛岡藩領。享保20年からは福岡通に属す。村高は,「正保郷村帳」307石余(田164石余・畑143石余),「貞享高辻帳」384石余,「邦内郷村志」864石余,「天保郷帳」564石余,「安政高辻帳」453石余,「旧高旧領」572石余。なお,「仮名付帳」には,当村の枝村として樋口村の名が見え,また村内の一戸町は駅場とある。天保3年の「福岡通御代官所御郡分書上帳」によれば,村高573石余のうち蔵入高は170石余,給人は8人,寺社領は53石余である。「邦内郷村志」では,家数403・人数1,274,神社は八幡社・神明社・稲荷社,寺院には曹洞宗広全寺・浄土宗実相寺・黄檗宗吉王寺がある。「本枝村付並位付」によれば,位付は上の上,家数359,集落別内訳は一戸町218・本村96・越田7・小滝9・樋ノ口25・北館4。地内一戸町は宿場として町場を形成し,検断制がしかれ,検断1名と肝入3名を置き,年貢の割当や地方産業の奨励,風紀の取締りをしていた。当村の市は一日市で,毎月1日・11日・21日が市日であり,その商品の種類は,主として塩や塩肴,粟・大豆などの雑穀,日用必需品,小荷駄(荷物運びの馬)の売買が行われていた。寺院では百姓町民の子弟教育が実施されていた。実相寺には糠部三十三観音第32番札所があり,聖観音菩薩を安置し,多くの観音巡礼の参詣で門前がにぎわったといわれている。明治元年弘前藩取締,以後黒羽藩取締,九戸県,八戸県,三戸県,江刺県,青森県を経て,同9年岩手県に所属。同18年の村の幅員は東西約2里15町・南北約1里10町,税地は田41町余・畑252町余など計316町余,戸数372・人口1,724(男915・女814),馬316,一戸学校の生徒数117(男91・女26),職業別戸数は農業248・工業14・商業75・雑業30,物産は大豆・大麦・小麦・生蝋・水漆・太布・竹細工・生糸・真綿・化石(管轄地誌)。同22年一戸町・浪打村の各大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7252937
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ