ケータイ辞書JLogosロゴ 一戸町(近代)


岩手県>一戸町

 明治22年〜現在の二戸郡の自治体名。一戸村の一部と高善寺村が合併して成立。旧村名を継承した2大字を編成。役場を一戸の本町に置く。大正5年の戸数497・人口3,282,人口は,同9年3,438,同14年3,685,昭和5年3,963,同10年4,204,同15年4,240,同20年5,225,同30年4,237,同32年5,953,同年浪打村・鳥海村・小鳥谷【こずや】村・姉帯村を合併,一戸に編入した浪打村一戸を除く合併各村の17大字を加え19大字となる。合併時の人口は2万9,858。県立一戸高校は,明治44年私立二戸実業学校として創立。大正10年郡立実科女学校,同12年県立一戸実科女学校を経て,同15年県立一戸高等女学校となり,県北地方・青森県南地方の一部の女子中等教育を担当してきた。昭和22年現校名となり普通科・家庭科・農業科の全日制と普通科定時制を設置。明治24年日本鉄道(現国鉄東北本線)が開通し,同26年隣接する西法寺に一戸駅開設。昭和20年盛岡機関区一戸支区発足,同22年一戸機関区として独立。以後東北本線が電化されるにつれて鉄道の町として発展したが,近年にいたり活気を失っている。昭和48年町役場庁舎が高善寺に新築移転。人口の推移は,昭和35年2万6,228,同40年2万5,165,同50年2万1,433,同55年2万860。文化財としては,国天然記念物雌雄同種の実相寺イチョウがあり,昭和13年に指定を受けている。同57年東北自動車道開通。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7252938
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ