ケータイ辞書JLogosロゴ 岩月(中世)


宮城県>気仙沼市

 戦国期に見える地名。本吉【もとよし】郡のうち。「薄衣状」に見える。「薄衣状」は明応8年と推定されるが年欠12月13日の日付を持つ戦国書状。東磐井【ひがしいわい】郡(岩手県)薄衣美濃入道経蓮が,岩手県南東から宮城県北東方面の戦国情勢について触れた貴重な史料。その中に「岩月式部少輔手引き,数千人の勢・野臥を以て館を射る」とある。ここに登場する武将はすべて地名を冠して呼ばれているので,この岩月式部少輔は岩月領主であり,戦国期の岩月についての史料とすることができる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7255473
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ