ケータイ辞書JLogosロゴ 大島村(近代)


宮城県>気仙沼市

 明治22年〜昭和30年の本吉郡の自治体名。明治34年の戸数330・人口2,699,同40年の戸数386・人口2,790。大正2年の戸数474・人口3,105。大正9年国勢調査では戸数564・人口3,126。昭和15年の戸数670・人口4,308。昭和23年の世帯数721・人口4,773。典型的漁村で,村の平均所有耕地面積は2反7畝であり,農業は生活の主体ではない。それで大島漁師と称する遠洋漁船の乗組員が多く,また周囲が海で沿岸漁業,カキ・ノリの養殖漁業が盛んである。離れ島のため電灯がつくのは遅く,送電されたのは大正10年で全島に電灯がともったのは昭和8年。明治6年大島小学校が大島簡易小学校として開校。昭和22年の新学制で大島中学校開設。同30年4月1日気仙沼市に編入され,当村域は現行の気仙沼市崎浜・要害・浅根・長崎・高井・廻館・田尻・浦の浜・磯草・新王平・大初平・外浜・亀山となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7255603
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ