ケータイ辞書JLogosロゴ 大原浜(近代)


宮城県>牡鹿町

 明治22年〜現在の大字名。はじめ大原村の大字,昭和30年現行の牡鹿町大原浜となる。同22年鮎川・十八成・小淵・新山・泊・谷川・小網倉・鮫浦【さめのうら】・寄磯の各分教場独立。同25年小学校令の改正により,大原尋常小学校と改称,小淵・谷川・小網倉・泊・新山浜に分教場を置く。同43年5月高等科を併置。同年大原尋常高等小学校と改称。明治35年の大火は大原浜の大半を焼きつくし,さらに年々の不漁や鮎川港の発展などにより,大原浜は徐々に衰退していった(牡鹿郡誌)。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7255642
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ