ケータイ辞書JLogosロゴ 角田本郷(近世)


宮城県>角田市

 江戸期〜明治22年の村名。伊具郡西根のうち。一門石川氏の城下町。村高は「元禄郷帳」で1,714石余,「天保郷帳」では1,975石余。「安永風土記」によれば,村高は田代170貫余・畑代26貫余(うち茶畑代243文)で計197貫余,蔵入地は茶畑代の243文で,残余はすべて石川氏の給所。人頭は寛永検地の竿答百姓81人から173人に増加。家数はすべて町住居で198(うち水呑5・借家5)。人数1,057・馬数51。舟は渡舟2艘。産物は傘。神社は村鎮守八幡社をはじめ17社。寺院は,曹洞宗高源山長泉寺,真言宗の桂光山金剛院安養寺・医王山宝鐘院薬王寺・宝珠山竜性院妙安寺・金桂山照光寺広貞院・七五三山如来寺・日輪山西光寺,時宗松竜山専福寺の計8か寺で,すべて石川氏家中寺。修験は本山派大先達東光院六供小先真善院はじめ本山派の胎蔵院・重光院・仙光院の計4院で,やはりすべて石川氏家中修験。用水は5つの沼,12の堀より溜高152貫余を引用。石川氏は伊達氏一門筆頭の家格を有し,知行地は29か村2万8,000石に及ぶ。その居館は当村西郊の臥牛館で,現在その城門は曹洞宗長泉寺の山門に遺構をとどめる。角田本郷における石川氏の家中屋敷は,館の南方から東方と北方にわたって竪丁・道場町・館小路・北町・谷地町・西南町・東南町・本町・川辺町・大嶋小路・東町・竪田町・旗元足軽町の13丁があり,家中屋敷にはさまれて宿場町角田町があった。角田町は本町3丁3間・中町4丁25間・天神町2丁57間より成っており,阿武隈川の舟運を含め伊具地方の交通の要地としてにぎわいをみせていた。明治元年新南部氏領,以後,白石【しろいし】県・角田県・仙台県・宮城県・磐前【いわさき】県を経て,同9年宮城県に所属。この間角田県庁所在。同5年の戸数555・人口3,091。同6年角田小学校開設,当時の就学児童99。同18年大河原警察署角田分署を仲町に設置。同21年922戸・4,541人。同年伊具・亘理【わたり】郡役所設置。同22年伊具郡角田町大字角田となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7255841
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ