ケータイ辞書JLogosロゴ 鹿又村(近代)


宮城県>河南町

 明治22年〜昭和30年の桃生郡の自治体名。桃生牡鹿地方でも稲作生産力が安定し,用排水条件に恵まれた地域。明治31年,土地面積821町余のうち水田712町余・畑45町余・宅地40町余・山林原野23町余。戸数474・人口3,576。農家戸数292で,自作農35・自作兼小作138・小作119の割合(宮城県統計書)。同38年の凶作の時は作付水田657町余の収量4,542石,作付無収穫田は29町余だった(明治38年宮城県凶荒誌)。同40年は作付水田688町余で収量9,056石に回復。同42年の戸数492。うち農業302で61.4%を占め,以下使用人141・商業34と続く。246戸が副業をもち,農業116・漁業83・養蚕業82が従事していた。土地面積の60%を本村民が所有。主要生産物は米1万1,371石・麦798石・大豆279石・繭105石で翌年にはワラ細工・家禽・卵等が加わっている(宮城県統計書)。同45年,仙北軽便鉄道が小牛田〜石巻間に開通。本村を通った。大正4年,郡立鹿又農事講習所設置,のち県立に移管。同10年,国鉄石巻線小牛田〜石巻間が開通,鹿又・佳景山の両駅が営業を開始(河南町誌)。同11年の戸数522,男1,769・女1,780。同12年,伊藤京助ら農民200余名が日本農民組合鹿又支部を結成。4月に光明寺で開かれた設立総会には鈴木文治・杉山元治郎も臨席した。宮城県における農民組合運動の嚆矢で,10月小作料2割引下げ要求を行い,翌年いちおうの成果をみた。この運動は近村の小作争議に大きな影響を与えたが,同14年の伊藤の病死により次第に低調となった(宮城県農民運動史)。同年,鹿又実科高等女学校開校。同年の水田面積706町余・畑46町余・宅地35町余・山村原野21町余。反当収量2.3〜2.4石で桃生郡・宮城県の平均反収を大幅に上回っていた。昭和2年の農産物収量は米1万7,234石・麦599石・大豆364石。翌年の土地所有状況は,810町余のうち村民所有498町余。水田706町余のうち309町余は他村民の所有で,前谷地村斎藤家,牡鹿郡石巻町の本間・馬場家が主な不在地主だった(宮城県統計書・宮城県農民運動史)。同7年,「ピストル調停事件」が発生。土地取り上げに反対する小作争議で,調停に入った警官が小作人をピストルで威嚇した事件で,杉山元治郎・浅沼稲次郎が村で糺弾演説会を開催。同8年,北上川に天王橋を架設。有志の出資による有料の木橋で,長さ17.4m・幅7.2m。渡橋料金は1人3銭・自転車5銭・リヤカー7銭・馬車15銭・自動車30銭だった。同17年,県に移管。同21年,農地開放により売買された土地は362町余,関係の地主273・小作人509。その結果,自作農家は14から202となり,小作は270から11に減少。自作兼小作は158から170に変わった(河南町誌)。同22年,懸案の耕地整理を開始,三軒谷地・本町・曽波神・中山・梅ノ木・四ツ家・新田町などの耕地872haを計画通り改良した。同30年,北・広淵・須江・前谷地の4か村と合併,河南町成立に伴い現行の河南町鹿又となる。合併時の世帯数746・人口4,983(河南町誌)。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7255917
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ