ケータイ辞書JLogosロゴ 坂元本郷(近世)


宮城県>山元町

 江戸期〜明治22年の村名。亘理郡のうち。はじめ坂本本郷と書いたが,本の字が2つ続くことからやがて坂元本郷と書くようになった。坂本簑首【みのくび】館主大条【おおえだ】定綱の知行地。初期には亘理元宗の家臣坂本大膳・同三河が愛宕山館におり,のち簑首館に移る。そのあと黒木・後藤・津田と館主は代わった。元和2年大条宗綱(2,000石,のち4,000石)が知行することになり,坂元の町づくりが行われた。「元禄郷帳」の村高は2,009石余,「天保郷帳」では2,902石余。「封内風土記」の戸口114。神社には神明社・愛宕神社・妙見社・熊野神社3・天神宮・諏訪神社・白山権現社・水神社・明神社,寺院は観音堂・薬師堂2,曹洞宗の徳本寺・高福寺,真言宗の金蔵寺・東光寺・福性院・磯照院がある。唐船番所がある。当地には元和2年,大条宗綱簑首館主として移るに及び簑首館を中心に町並みができ,宿駅が形成され,六斎市も開設された。明治18年の記録によれば,町は東西50間・南北3町(北町・中町・東町)から成り,一部鈎形に折曲がりをみせる。戸数56・人口411である(磐城国亘理郡地誌)。戊辰の役に際しては,藩境近くに位置する関係上,人心の動揺が大きかった。明治元年新南部氏領,以後,白石【しろいし】県・角田【かくだ】県・仙台県・宮城県・磐前【いわさき】県を経て,同9年宮城県に所属。明治18年の戸数369・人口2,249・馬289・人力車2・漁舟27,産物はカレイ・カナガシラ・イワシ・ホッキ・貝・米・麦・大豆・麺粉・生糸(磐城国亘理郡地誌)。同22年亘理郡坂元村の大字坂元本郷となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7256377
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ