ケータイ辞書JLogosロゴ 坂元村(近代)


宮城県>山元町

 明治22年〜昭和30年の亘理郡の自治体名。坂元本郷と真庭村が合併して成立。大村の名をとって坂元村とした。大字は旧村名を継承,2大字を編成。役場を最初坂元154番地に置いたが,のち館下113に移す。明治39年坂元上郷・下郷の大火により145戸罹災,役場も焼失した。昭和8年の三陸地震津波の被害も大きく(罹災者172・倒壊家屋22・漁船55),防災対策がとられた。大正2年の戸数583・人口4,000(国勢調査)。昭和30年山下村と合併,山元町の一部となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7256378
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ