ケータイ辞書JLogosロゴ 須江(近代)


宮城県>河南町

 昭和30年〜現在の河南町の行政地名。昭和30年,河南町の成立で,須江村が廃されその所属行政区域となった。字関ノ入の開拓は35・36年度に58町余となり,須江全体の耕地面積は38年に至って田289町余・畑3町余となった(河南町誌)。しかし過疎化が著しく,49年は戸数430戸・人口2,041で,30年に比べて戸数で30戸減じ,人口は当時の69%余と激減している。農家戸数318,経営規模3ha以上の農家は25・2ha台99・1ha台107・1ha未満82(農業基本調査)。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7256644
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ