ケータイ辞書JLogosロゴ 広淵村(近代)


宮城県>河南町

 明治29年〜昭和30年の桃生郡の自治体名。明治38年の凶作時は,作付水田面積303町余の収量がわずか1,277石で,作付無収穫田67町余。(明治38年宮城県凶荒誌)。同41年,桃生牡鹿連合小作人同盟会結成,9か村40余名が参加(宮城県農民運動史)。大正10年,広淵沼干拓に着手し,昭和3年完了,良田538町余開拓(河南町誌)。この間,広淵沼用排水路と赤井堀を作り,また433町余の耕地整理を実施した。同21年,農地開放の対象となった面積は264町余,自作地は601町から970町余に増え,小作地は382町が11町余に激減した。また自作農家は139から407へ,小作農家は21から2へ,自作兼小作が221から62へと変化した。同22年,定川と青木川の国営灌排水事業が始まり,翌年には赤井堀,定川支流の県営灌排水工事着工。同30年,須江・北・赤井・前谷地の4か村と合併,河南町となり,広淵はその下部行政地名となった。合併時の世帯数730・人口4,173。面積13.69km[sup]2[/sup](河南町誌)。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7257360
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ