ケータイ辞書JLogosロゴ 前谷地村(近世)


宮城県>河南町

 江戸期〜明治22年の村名。桃生郡深谷代官区二十六村の1つ。元和2年頃まで「大崎遠田の内」であったが(伊達家文書2),「玉造川相廻り候」のち深谷に属したという(桃生郡深谷村箱泉寺書出/河南町誌)。寛永11年の村高29石余。同14年に玉造川を現在の流路に改め,また前谷地江を新設して水田の用水堀とした(河南町誌)。寛文7年検地の竿答百姓64人(安永風土記),20年後の貞享4年には30人に減ずる。のち新田開発により村高2,530石余(深谷前谷地旧記)。宝暦の頃,山崎に西大条氏,船島に斎藤氏が居住。それぞれ569石余・151石余の禄を得ていた(仙台藩禄高調)。「封内風土記」によれば,戸口122・歩卒20・男女108・馬8。神社は石神社等3。石神社は式内社桃生郡六座の1つ石神社に擬せられていた。仏閣に帝釈堂,寺に前谷寺・竜石寺2寺。安永5年の村高3,267石余,うち田代3,103石余・畑164石余,蔵入地361石余・給所2,906石余。人頭125,他に給人家中7,家数138で水呑13を含んでいる。代数ある百姓は5で,すべて5代相続。人口男374・女316,馬8(安永風土記)。天明3年,飢饉による死者の埋葬のため,和淵村との境界を定め,和淵山の樹霊【こだま】峠の北の峰に墳塚を築いた(河南町誌)。天保5年の村高は3,300石余(天保郷帳)で新田高は3,270石余。文政13年,悪水処理に苦しみ,鹿又【かのまた】村への排水を図って同村と紛争を起こす。明治元年高崎藩取締地,以後,桃生県・石巻県・登米【とめ】県・仙台県を経て,同5年宮城県に所属。同3年の村高は3,275石余(陸前国牡鹿郡桃生郡本吉郡郷村高帳控/石巻市図書館蔵)。同6年前谷地小学校が教員2,生徒男94・女5で開校。千町歩地主斎藤家は同10年代から金穀貸付業と酒造業を営んでいる(宮城県農民運動史)。同13年,江戸期以来の悪水処理のため辰江排水路を設計,竜ノ口山沿いの湿地帯の土地改良を行った。同14年より和淵村と連合村を結び,同22年和淵村と合併,前谷地村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7257505
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ