ケータイ辞書JLogosロゴ 前谷地村(近代)


宮城県>河南町

 明治22年〜昭和30年の桃生郡の自治体名。古くからの水田単作地帯で悪水処理に苦しみ,昭和期には千町歩地主斎藤善右衛門家と農民の間で小作争議があった。明治38年の凶作時は作付水田面積378町余で収量わずか2,486石,作付無収穫田は321町余に及んだ。同45年,仙北軽便鉄道が小牛田〜石巻間に開通して村内を走り,大正10年,同区間を国鉄石巻線が開通,前谷地駅が営業開始。大正13年,八丁谷地から笈入【おいり】までの排水路阿部官堀を新設,(河南町誌)。同年の斎藤家の土地所有は1,448町余。うち田1,325町余・畑122町余で小作人2,386戸。同14年には金穀貸付けの運用資金553万余円,所有土地1,219町余。県下での所有地は9市郡62町村にまたがり,桃生・登米両郡に485町,栗原郡に340町。前谷地村では田160町・畑6町を所有(宮城県農民運動史)。昭和3年,前谷地事件といわれる小作争議が発生。発端は前年,斎藤株式会社(斎藤家)が2名の小作人に対して,代替品種による小作料納入を拒否し土地取り上げに出たため。同3年3月,日本農民組合の農民ら数百名が共同耕作に入って争議を支援。石巻警察署広淵分署長が調停に入ったが,調停中警官十数名が乱入して組合幹部らを逮捕大乱闘となり,逮捕者は奪還され,農民400名が斎藤家と直接交渉して妥結をみた。この事件は以後の宮城県下の小作争議に重大な影響を及ぼした。同4年,村内の自小作別耕地面積は自作地251町余・小作地839町余で,自作地の割合は23%。桃生郡の34.9%,県平均の45.4%をかなり下回る(宮城県農民運動史)。同10年,懸案の耕地整理を完了,ただちに遠田・桃生・牡鹿3郡水路新設に着手,また和淵江と前谷地江を結ぶ水路も新設した。同21年,斎藤株式会社の村内土地所有は田159町・畑6町。農地開放にあたり,小作地の処分を農業会に一任した。同年村全体の自作地は352町余から1,021町余となり,小作地は777町から95町余に激減,また自作農家は106から551へ,小作農家は430から19へ,自作兼小作は243から214へ変化(河南町誌)。同22年128haを対象に,定川国営灌漑排水事業,同26年,江合川拡幅工事のため御倉山を崩した。同27年,前谷地駅前〜遠田郡涌谷町間バス開通,同30年,広淵・北・須江・鹿又の4か村と合併河南町成立。村制時の2大字はそれぞれ同町の現行地名となる。合併時の戸数1,212・人口7,761。面積は19.43km[sup]2[/sup](河南町誌・町勢要覧)。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7257506
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ