ケータイ辞書JLogosロゴ 山寺村(近世)


宮城県>山元町

 江戸期〜明治22年の村名。亘理【わたり】郡のうち。亘理館主伊達氏の知行地。「元禄郷帳」の村高942石余,「天保郷帳」の村高は1,590石余。「封内風土記」の戸口141。神社は当護明神社・新山権現社・青巣明神社,寺院は真言宗山上院悠山寺・時宗日勝院東光寺・曹洞宗普門寺・浄土宗浄正寺。「宇多亘理風土記」によれば田代102貫文・畑代9貫文,人頭56,馬64(山下村誌)。地内には宿駅山下町があり,亘理伊達氏の家中屋敷をはじめ,検断・馬改所なども置かれていた。また町の南端の麻生原【あそうはら】村南山下には一里塚が築かれていた。明治18年の山下町の戸数・人口は61・320である(磐城国亘理郡地誌)。明治元年新南部氏領,以後,白石【しろいし】県・角田【かくだ】県・仙台県・宮城県・磐前【いわさき】県を経て,同9年宮城県に所属。明治21年の戸数204・人口1,643(県議会文書)。明治初期の産物はカレイ・米・麦・大豆・麺粉・生糸(磐城国亘理郡地誌)。同22年亘理郡山下村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7257795
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ